和賀江島

  • 干潮時の和賀江島
  • 満潮時の和賀江島
  • 沖から見た和賀江島
  • 干潮時の和賀江島2

和賀江島(わかえじま)

現存する日本最古の築港遺跡。

稲村ヶ崎から逗子マリーナに挟まれた旧鎌倉エリアの海は遠浅で天然の良港はありません。それでも急峻な山に囲まれて陸路に乏しい鎌倉ですから、鎌倉時代には多くの物資が海路、鎌倉へと運び込まれていたようです。

しかし、やはり事故・座礁などは多かったようで、1232(貞永元)年、勧進僧の往阿弥陀仏が船着場の建造を進言し、時の執権北条泰時によって許可がおり工事は急ピッチで進められました。

晴れた日は和賀江島越しに富士山が
満潮時の和賀江島。

晴れた日は和賀江島越しに富士山が
干潮時の和賀江島。

浅い海底に沈む鎌倉石の波食台の上に、箱根や伊豆から海路運ばれた巨大な玉石が敷き詰められただけの簡単な港です。鎌倉石では脆くて波の浸食に耐えられないため、玉石として利用することはできなかったんですね。例えば杉本寺の苔の階段を見ていただくとわかりますが、人が歩いただけですり減ってしまうほど脆いのが鎌倉石の特徴ですね。

築港後の和賀江島の維持・管理と港を利用する船からの税金徴収の権利は極楽寺。江戸時代中期までは現役の港として活躍していたようです。

干潮時には島全体が姿を現し、飯田岬と陸続きになり往時の姿を彷彿とさせます。今でも和賀江島の脇には漁船「もんざ丸」が停泊しています。風のない穏やかな日にはサップで海から近づいてみる、というのも興味深いですね。

沖から見る和賀江島と逗子マリーナ
沖から見る和賀江島と逗子マリーナ。

名称 和賀江島(わかえじま)
所在地 〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座6丁目
アクセス

JR鎌倉駅東口、7番バス停から「鎌40」系統に乗車し、「飯島」バス停にて下車。下車後進行方向へと道を進み、トンネルの手前の路地を右へと入っていくと干潮時には和賀江島に上陸できます。

拝観時間 自由。
休日 なし
拝観料 0円
TEL
URL
駐車場 なし。
駐輪場 なし。
撮影 撮影自由
ペット 自由。

和賀江島 関連スポット

セブンシーズ

セブンシーズ

鎌倉・材木座海岸にあるウィンドサーフィン、サップの体験スクールなど。海上から和賀江島に近づけます。

極楽寺

極楽寺

和賀江島が築かれてから、その敷地の維持管理や修理、利用する船から税を徴収する権利は極楽寺にありました。