「2015年 鎌倉紅葉ダイジェスト」

海蔵寺の紅葉とおばあちゃん

  • 長谷寺紅葉ライトアップ
  • 闇夜に浮かぶ長谷寺の紅葉
  • 長谷寺・紅葉
  • 長谷寺紅葉の全景
  • 円覚寺、門前の紅葉
  • 円覚総門の紅葉
  • 階段と紅葉
  • すすきと紅葉
  • 海蔵寺の紅葉
  • 椿と紅葉
  • 黄色く色づくイチョウ
  • 大銀杏と黄色く色づくひこばえ
  • 瑞泉寺の庭と紅葉
  • 地蔵堂と紅葉
  • 瑞泉寺天女洞と紅葉
  • 瑞泉寺境内
  • 瑞泉寺山門と紅葉
  • 瑞泉寺全景
  • 妙本寺、祖師堂と紅葉
  • 妙本寺祖師堂裏
  • 妙本寺の紅葉

2015年も素敵な紅葉でした。

2015年の紅葉は夏の終わりから比較的暖かかったせいか、少し色づき方が例年と違うようで、九州の紅葉の名所に勤務される方も「色付き切る前に散ってしまう」と仰ってました。やはり全国的な異常気象の影響は自然の営みにも影響を与えているのですね…。

とはいえ、しっかりと2015年も「紅葉」を堪能させていただきました。関東近辺で電車で気軽にアクセスできて本格的な紅葉を様々なバリエーションで楽しめる場所は、ここ鎌倉をおいて他に無いように思います。
長谷寺では闇夜に浮かぶ紅葉のライトアップがとても美しく、見るものを魅了します。円覚寺総門前にある鮮やかな色彩の紅葉は横須賀線の秋の車窓の定番ですね。他にも密やかに控えめに色づく具合が美しい海蔵寺や瑞泉寺の紅葉、そうそう、鶴岡八幡宮の朱塗りの本殿に映える大銀杏のひこばえの黄色さも晩秋の到来を感じさせてくれました。

2015年も素敵な紅葉でした。

長谷寺の紅葉ライトアップ

  • 長谷寺紅葉ライトアップ
  • 長谷寺紅葉ライトアップ2

毎年11月の下旬から12月の頭にかけて長谷寺で実施されるこのライトアップ。鎌倉で唯一の紅葉ライトアップなんですね。期間中最後の土日にはたくさんの人がいらっしゃいます。

本堂手前には黄色く色づくイチョウと紅い紅葉が共演していたり、眺望散策路の出口にある小さな竹林が闇夜に青々と照らし出されていたり、池に覆いかぶさるように紅葉が色づいていたりと趣があります。お昼の太陽に照らされた紅葉も綺麗ですが、闇夜に浮かぶ紅い葉っぱもとても粋です。

2016年も楽しみですね!

「息を呑む紅」 円覚寺の紅葉

  • 階段と紅葉
  • 円覚寺総門前の紅葉

円覚寺の紅葉の見所は、総門前の大きな大きな紅葉の木と、境内を奥へと貫く参道沿いの紅葉並木、そしてその奥にある妙香池端の紅葉ですね。鎌倉でもとても有名な紅葉スポットで、鎌倉の寺社境内で三脚を使用できる数少ないお寺ということもあって、一眼レフで本格的に写真を撮る人たちで賑わいます。

円覚寺の紅葉の特徴は、息を呑むような紅の鮮やかな発色。特に南に向いて伸びる円覚寺総門前の紅葉は、日当たりがとてもよいせいか本当に素晴らしい発色です。天気の良い日の爽やかな空の青と樹々の深い緑を背景にした鮮やかな紅はため息が出るほどに美しい!次の紅葉の季節を楽しみにさせてくれます。

ひっそりと色づく海蔵寺の紅葉

  • 海蔵寺紅葉とおばあちゃん
  • 椿と海蔵寺紅葉

さて、次は私の大好きな海蔵寺でございます。海蔵寺は山と山に囲まれた場所にあり、今でも水を絶やすことのない十六の井が物語るようにしっとりと潤いのある場所にございます。当然、一日中日が当たる、という訳でもありませんので紅葉の色づき具合も海蔵寺同様にひっそりと控えめでございます。しかし、これもまた美しいのですね。控えめな色づき具合の紅葉を見上げる、きっと控えめに生きてこられたであろうおばあちゃんの後ろ姿が「侘び、寂び」の感情を私の心の奥から引っ張り出してきます。

静かにゆっくりと噛みしめたい秋のひと時でした。

鶴岡八幡宮の大銀杏と、黄色く色づいたひこばえ

  • 鶴岡八幡宮のイチョウのひこばえ
  • 黄色く色づくひこばえ

2010年まで、ここには樹齢1000年を越すとも言われる「大銀杏」がありました。かつては鎌倉幕府3代将軍、源実朝が自らの甥(公暁)に殺害された時、その甥が隠れていたのがこの大銀杏とも言われています。残念なことに台風による大風で大銀杏は倒伏しましたが、その根元からは若芽(ひこばえ)が育ち、今ではこんなに大きくなりました。4,5mほど横に移動した大銀杏の切り株に見守られながら今年もしっかりと黄色く色づきました。

この先1000年、このひこばえが大銀杏へと成長できるようにこの地球の健全な環境を次の世代へとつなげていきたいですね。

瑞泉寺の紅葉

  • 瑞泉寺天女洞と紅葉
  • 地蔵堂と紅葉

鎌倉で一番色づく時期が遅い、と言われるのがこの瑞泉寺の紅葉。長谷寺や円覚寺の紅葉はもう終盤だな〜、といった頃からが見頃です。瑞泉寺も山々に四方を囲まれた場所にあるためか色づき方も控えめです。「どこも苦地蔵さま」が祀られた地蔵堂や、夢窓疎石が作庭した天女洞と共演する紅葉はやっぱり「侘び、寂び」の世界を体現しているように思います。禅寺ですからね。

一年中季節の花が絶えない素敵なお寺ですが、秋の紅葉の時期には花の数、種類も減り、より質素により素敵に寂しくなっていきます。本格的な冬の到来が待ち遠しい、と感じさせてくれる不思議な紅葉ですよ。

妙本寺の紅葉

  • 妙本寺祖師堂と紅葉
  • 妙本寺紅葉

妙本寺の境内の最奥には祖師堂という建物があります。大きな軒(のき)が日陰を作ってくれていて、その中に入るといつでもひっそりと周囲よりも暗いのです。黒に近い灰色になった祖師堂内部の柱や軒などが紅葉を大胆に切り取り、より鮮やかにより素敵に見せてくれます。まるで高価な額縁に入った一幅の絵のようです。

鎌倉駅からも歩いて行ける距離で、市街地にあるのにこのひっそり感は見事です。これも鎌倉の魅力の一つですね。

紅葉が綺麗なお寺の一覧

長谷寺

長谷寺

「長谷観音」の名で親しまれる長谷寺のご本尊、十一面観音様。奈良から海を渡ってやってきた伝説の観音様です。

円覚寺

円覚寺

鎌倉五山第二位の、北鎌倉駅前にある大きな大きなお寺。境内では紫陽花や紅葉など季節ごとに楽しめます。

海蔵寺

海蔵寺

藁葺き屋根の庫裡と山々に抱かれるようにして佇む境内に立つとまるでタイムスリップしたような錯覚に。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

大仏さまと並ぶ、鎌倉の2大ランドマーク「鶴岡八幡宮」。鎌倉幕府の時代から街づくりや文化の中心です。

瑞泉寺

瑞泉寺

山々に抱かれて静かに佇む瑞泉寺。天才庭師、夢窓国師が作った庭園は一見の価値あり。その他、「どこも苦地蔵」など

妙本寺

妙本寺

鎌倉の市街地にあって、駅からも余裕の徒歩圏内でこのひっそり感はお見事です。比企一族の菩提寺。

鎌倉エリア別ガイド