「2016年、鎌倉で紅葉見物」
鎌倉・紅葉の名所見どころ、現在の状況徹底案内

鎌倉の紅葉特集・12月15日瑞泉寺の紅葉

  • 11月23日現在の海蔵寺の紅葉2
  • 源氏山公園の紅葉
  • 円覚寺総門前の紅葉
  • 明月院後庭園の紅葉
  • 円覚寺山門前の紅葉と雪
  • 海蔵寺山門前の紅葉と雪
  • 明月院後庭園の紅葉と雪
  • 明月院後庭園の紅葉と雪2
  • 瑞泉寺の紅葉と雪
  • 円覚寺妙香池の紅葉
  • 長谷寺の紅葉ライトアップ
  • 瑞泉寺名勝石庭と紅葉
  • 浄妙寺境内の紅葉
  • 浄妙寺境内の紅葉2
  • 瑞泉寺の紅葉(12/15)
  • 瑞泉寺の紅葉2(12/15)

2016年、鎌倉紅葉特集。

鎌倉紅葉速報
【円覚寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★☆☆ 色付き度★☆☆☆☆ 
大半が散ってしまいました。総門前はかなり寂しくなりました。山門の周辺ではまだ紅の彩りを楽しめます。

【東慶寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★★★ 色付き度★★★☆☆
山門前と本堂は散ってしまいました。境内奥の墓苑では幻想的な紅葉を楽しめます。特に用堂尼の墓所へ上がった平場は、落葉した黄一色でとても綺麗です。

【明月院】 (12月15日)
おすすめ度★★★★☆ 色付き度★★★★☆ 
散り始めていますが、全体的にまだまだ楽しめます。本堂後庭園は残念ながら公開が終わってしまいました。開基廊周りの紅葉の雰囲気が良く、特におすすめです。

【建長寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★★☆ 色付き度★★★★☆ 
先週見ごろとお伝えした半僧坊はかなり散ってしまいましたが、半僧坊に至るまでの参道では鮮やかな紅葉がまだ楽しめます。龍峰院も綺麗です。

【妙本寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★★☆ 色付き度★★★★☆ 
この1週間でかなり変化があり、ピークを越えてしまいましたがまだまだ楽しめます。祖師堂まわりはようやく鮮やかな紅になっています。

【瑞泉寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★★★ 色付き度★★★★☆ 
かなり良い色付きを楽しめるようになってきました。散ったところも一部ありますが、山門周辺の紅葉の良さは今だけです。

【鎌倉宮】 (12月15日)
おすすめ度★★★★☆ 色付き度★★★★☆ 
見ごろになっていました。本宮に向かった鳥居の周りでは鮮やかな紅葉がみられます。また、境内の神苑ではもみじの木々が紅葉して木陰を作り、良い雰囲気を楽しめます。

【覚園寺】 (12月15日)
おすすめ度★★★★★ 色付き度★★★☆☆ 
覚園寺の紅葉もかなり散ってしまいました。しかし、落葉した様子がとても美しく、紅い絨毯が見られます。愛染堂周辺だけで十分楽しめ、おすすめです


Uniequely鎌倉の2016年紅葉レポートはこれにて終了です。今年も美しい紅葉を鎌倉は楽しませてくれました。来年の色付きを楽しみにまた一年過ごしましょう。

それでは皆さん、良いお年を。

2016年12月15日 鎌倉の紅葉、現在の状況レポート

「円覚寺」冬の気配が漂う。(12/15)

  • 12月15日。落葉した木々@円覚寺
  • 12月15日現在の円覚寺の紅葉

総門前や妙高池、境内の大通りでは多くの紅葉した木々が散ってしまい、なかなか寂しい印象になっていました。いよいよ冬本番の気配が感じられるようになってきました。色付きの遅かった山門下はまだ鮮やかな紅、山門と仏殿の間のもみじはまだ楽しめます。境内見渡しても、所々で秋を見つける事は出来るでしょう。混雑していた時期も過ぎ、ゆったりと広い境内を楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★☆☆☆

「東慶寺」黄色の絨毯。 (12/15)

  • 12月15日。黄色の絨毯@東慶寺
  • 12月15日。東慶寺の紅葉

山門前と本堂前のもみじの木々はすっかり落葉し、先週楽しめた紅い絨毯も鮮やかさを失ってきました。しかし、東慶寺はまだまだ楽しませてくれます。先週見ごろとお伝えした、境内奥地の墓苑。新たに色付いた木、散ってしまった木と常緑の木。様々な色が重なり合って幻想的な雰囲気を作り出しています。そして、一段上がった平場にある用堂尼の墓所は、見事な黄一色の絨毯になっていました。狭い平場全体に降り積もった銀杏の葉は圧巻です。まれに銀杏の実がまだ落ちていますのでご注意を。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★☆☆

「明月院」本堂後庭園は公開終了。(12/15)

  • 12月15日。紅葉に囲まれる明月院の月笑軒
  • 12月15日。紅葉と明月院

この一週間でかなり落葉が進んだ明月院ですが、まだまだ日本の秋らしい雰囲気を楽しめるので行く価値ありです。一時期の混雑もなくなった今は狙い目ではないでしょうか。限定公開されていた本堂後庭園はまだまだ鮮やかなカラーを覗かせくれているのですが、残念ながら公開終了となりました。それでも、開基廊の周りでは美しい紅葉が。後ろの山々の色付きと重なり、茅葺き屋根の建物が引き立ちます。散りかけた葉も、もみじのシルエットが際立って味があるものです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「建長寺」半僧坊への参道も見どころ。 (12/15)

  • 12月15日。建長寺、半僧坊への参道
  • 12月15日。建長寺の紅葉

先週ピークとお伝えした境内奥地の半僧坊も、今週はかなり落葉が進んでいました。半僧坊から見渡す境内も、鮮やかな色が少なくなった印象。しかし、半僧坊へと向かう参道ではまだまだ紅葉を楽しめます。直線上に鳥居が並ぶ参道では、狛犬から見渡す景色がとても素敵な眺めです。また、境内のわりと手前にある龍峰院では綺麗な紅色をまだまだ楽しめます。燃えるような紅に青空が堪りません。境内の混雑も無いので、のんびりと半僧坊まで足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「妙本寺」色付いてきた祖師堂の紅葉。(12/15)

  • 12月15日。紅葉と妙本寺祖師堂
  • 12月15日。祖師堂横の紅葉

祖師堂の紅葉がやっと良い色付きになってきました。今日も結婚式の前撮りをされているカップルが。和装がとても似合う場所なんです。先週の風の強さからか、一挙にピークを通り越してしまった感はありますが、今が一番鮮やかな色味を味わえる事でしょう。落葉した葉も良いものです。もの悲しい雰囲気も感じますが、年末年始というお休みがやってくるというワクワク感もあるのでは。祖師堂横の池まわりが見ごろを迎えていて、多くのカメラマンで賑わっていました。二天門周辺はかなり散ってしまいました。鐘楼のまわりも綺麗な秋色を纏っています。今週はまだまだ楽しめそうな妙本寺でした。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「瑞泉寺」錦屏山の山号のままに。 (12/15)

  • 12月15日。瑞泉寺・本堂と錦屏山
  • 12月15日。瑞泉寺の紅葉

瑞泉寺の山号は錦屏山(きんぺいさん)といいます。錦の屏風のように紅葉が美しいことから名付けられているのです。いままさに、それを体感出来る時期になってきたと言えそうです。拝観口から境内に上がるまでの間に奥の山々を眺めると、実に見事な色彩です。境内でも、山門周辺が良い色付きとなり、落葉した葉が山門に降り積もって良い雰囲気です。名勝庭園では、岩壁上の急斜面を落葉した葉の清掃を行っていました。鎌倉のお寺さんでは、どこもとても丁寧に落葉した葉のお手入れを行っています。それでこその美しい景観を保てるのですね。貴重な瞬間を垣間みれました。瑞泉寺は今週末も紅葉を楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「鎌倉宮」幻想的な神苑の紅葉。(12/15)

  • 12月15日。紅葉と鎌倉宮
  • 12月15日。鎌倉宮の幻想的な紅葉

紅葉が遅めだった鎌倉宮の神苑では、ようやく色付きが進み始めていました。神苑では背の高い木々が頭上を覆っているので、少し薄暗い空間となっています。そのため傾いた日が大きな木々の間から差し込むと、とても幻想的な雰囲気を作り出します。この日は午後2時頃に訪れるとちょうどベストタイムでした。鎌倉宮でも落葉も同時に進んでいて、足下はもみじの絨毯。また、本宮に正対する場所から境内を眺めると、白い鳥居と深紅のコントラストがとても素敵です。今週末もまだまだ楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「覚園寺」落葉した鮮やかなもみじ。 (12/15)

  • 12月15日。覚園寺の落葉したもみじ
  • 12月15日。覚園寺の紅葉

覚園寺でもこの一週間で落葉が進んだようです。半分くらいの葉は落ちてしまいましたが、足下を彩るのは落葉した紅いもみじ。水瓶には落葉したもみじがたくさん積もっていて、そこへ青空が映り込んでとても良い雰囲気です。いつ来ても静かな境内は、いつまでもここに居たくなってしまうような居心地の良さがあります。もみじの絨毯の間に浮かび上がるかのような丸い石の上を歩いて、小さなスペースを長い時間散策してしまいました。落葉した葉の鮮やかさは今週末はまだ楽しめるのではないかと思います。少し遠いですが是非訪れてみて欲しい、秋の覚園寺です。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★☆☆

2016年12月7日 鎌倉の紅葉、現在の状況レポート

「円覚寺」散り始めも味のある景色。(12/7)

  • 12月7日現在の円覚寺の紅葉1
  • 12月7日現在の円覚寺の紅葉2

先週、ピークを迎えたとお伝えした総門前はかなり散ってしまいましたが、2枚目の写真のようにまだまだ秋色を満喫出来る程です。一番色付きの遅かった、山門下のもみじの木がようやく色付き、山門周辺は散ったものもありますが鮮やかな赤色トーンに完全に変わりました。妙高池まで続く通りを燃えるような紅で彩っていた木々も、今週は落葉が進みまばらな印象に。しかし逆にまばらな様子が味があるようにも思えます。今週もまだ楽しめそうです。暖かくしてお出掛け下さい。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

「東慶寺」境内奥地、見ごろです。 (12/7)

  • 12月7日現在の東慶寺の紅葉1
  • 12月7日現在の東慶寺の紅葉2

先週見ごろだった山門前は落葉し、見どころは次のスポットへと移った東慶寺。今週の見どころは境内奥地に広がる墓苑です。鮮やかに色付いた紅や黄色が、薄暗い印象の墓苑を1年で一番鮮やかに彩っているのはおそらく今でしょう。全体的に良い色になっていますが、写真2枚目の一番奥地の墓苑が見事な発色でした。また、先週見ごろとお伝えした本堂のもみじ(写真1枚目)は、散り始めましたがまだまだ綺麗な色付きです。落葉した葉が絨毯のように敷き詰められた様子も必見です。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「浄智寺」奥ゆかしい晩秋、見ごろです。(12/7)

  • 12月7日現在の浄智寺の紅葉1
  • 12月7日現在の浄智寺の紅葉2

ゆっくりと紅葉が進んで来ています。浄智寺を象徴する印象的な石段に、銀杏の葉が黄色の彩りを添えてすっかりと秋仕様になりました。2枚目の写真のように、境内の紅色も景色に加わって晩秋をしっとりと味わう事が出来ます。この日は気持ち良い青空で、ご本尊の三世仏がいらっしゃる曇華殿がとても綺麗でした。書院の庭を彩っていたもみじは散ってしまいましたが、庫裏の玄関側の大きなもみじの木が今見頃となっています。奥ゆかしい浄智寺の秋、今週末もまだまだ楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

「建長寺」半僧坊から見下ろす紅葉。 (12/7)

  • 12月7日現在の建長寺の紅葉1
  • 12月7日現在の建長寺の紅葉2

建長寺の紅葉も見ごろを迎えていました。境内の手前は、色付く木が少ないですが半僧坊へと向かうと素晴らしい景色の数々です。まずは天源院。こちらはだいぶ終盤に差し掛かっていますが、大きな木々が作り出す木陰から見上げる紅葉はダイナミックで華やかさがあります。そして、半僧坊の真っ直ぐと伸びる参道。ここでは直線上に並ぶ鳥居と、それを取り囲む鮮やかな紅、黄、橙、緑…などなど。その先の長い長い階段は、息が切れる程ですがそんな事も忘れるほど、今週の彩りは素晴らしいです。登り切った先から見下ろすと、相模湾と一緒に色付いた境内一帯がひとつの景色に納まります。今週末もまだまだ楽しめるでしょう。歩きやすい靴でお出掛け下さい。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「鶴岡八幡宮」舞殿まわりの紅葉ポイント。(12/7)

  • 12月7日現在の鶴岡八幡宮の紅葉1
  • 12月7日現在の鶴岡八幡宮の紅葉2

いつの間にか舞殿の脇に立つ大きな銀杏の木は散り、小さなひこばえも落葉していました。とはいえ本宮のお隣の丸山稲荷神社や柳原神池(写真二枚目)では鮮やかな紅葉がまだまだ楽しめます。八幡さまの紅葉はなんといっても社殿の赤とのコラボレーションで華やかな景色が楽しめる点でしょう。色々探してみた結果、この日のベストポジションは柳原神池の脇から望む舞殿でした(写真一枚目)。案内板の前あたりなのでぜひ探してみて下さい。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「報国寺」竹林越しに透ける秋。 (12/7)

  • 12月7日現在の報国寺竹林の紅葉1
  • 12月7日現在の報国寺境内の紅葉2

報国寺の紅葉も色付きがピークになってきていました。境内全体的に見どころが満載です。山門からすぐ右にある石段を登ると迦葉堂の前を覆う紅葉が見事です(写真二枚目)。また、竹林の間から透けて見える鮮やかな紅葉も報国寺らしくて見事なものでした(写真一枚目)。この紅葉は、足利一族が眠る大きなやぐらの前にある木々です。岩壁を背景にした紅葉というのもダイナミックで見応えがあります。石庭の前からこのやぐらあたりを見上げるとまた違った景色が楽しめます。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「浄妙寺」美しすぎる参道の色彩。(12/7)

  • 12月7日現在の浄妙寺の紅葉1
  • 12月7日現在の浄妙寺の紅葉2

浄妙寺では背景の山々も含めて、今が紅葉ピークとなっていました。大きな屋根が特徴的な本堂へと向かう参道は、どの時期も美しいものですが、紅葉に彩られた様は格段に素晴らしいもの。しかも青空という絶好の紅葉日和を満喫出来ました。間違いなくこの日巡ったお寺の中でナンバーワンです。本堂の前には大きな銀杏の木があり、半分程は落葉して地面に降り積もっています(写真二枚目)。今週末はまだこの黄色い絨毯を楽しめそうな予感です。お隣の喜泉庵でお茶を頂きながら紅葉したお庭を眺めるのもおすすめです。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「長谷寺」紅葉ピーク継続中。 (12/7)

  • 12月7日現在の長谷寺の紅葉1
  • 12月7日現在の長谷寺の紅葉2

紅葉ライトアップもいよいよ今週末までと迫った長谷寺ですが、まだまだピークの彩りを継続中です。この日もたくさんの人で賑わっていました。特に見事な池の周りは、落葉したもみじが増えたので足下も要チェックです。降り積もった紅い絨毯はこの時期ならではの醍醐味。どこを見ても目に飛び込んでくる鮮やかな秋色ですが、鮮やかさナンバーワンは観音ミュージアムと経蔵の間にある一本の木。先週はまだ橙色といったところでしたが、統一された鮮やかな紅色となりとても美しいです。夜は背景となる建物がブルーにライトアップされるので、より際立つ紅色となることでしょう。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

2016年11月30日 鎌倉の紅葉、現在の状況レポート

「長谷寺」紅葉ライトアップ始まってます。(11/30)

  • 11月30日現在の長谷寺の紅葉1
  • 11月30日現在の長谷寺の紅葉2

ついに始まった長谷寺の紅葉ライトアップ。平日ながら多くの参拝客で賑わっていました。色付き具合もまさにピークを迎え、暗闇に浮かび上がる幻想的な紅葉した木々。拝観口から中に入ってすぐ、感動の美しさが待っていました。特に人気のエリアは、放生池に反射して映るライトアップされたもみじ。多くの人がカメラを構え順番待ち状態でしたが、それほどに綺麗で並ぶ価値は大いにあります。また、拝観順路の最初の階段を上がった先の空間は、生茂る木々が紅葉のトンネルのようで綺麗です。足下には可愛いお地蔵さんが三人並びます。本堂はブルーにライトアップされ、もみじとのコントラストが楽しめます。日没後は寒さ対策も万全にしてお出掛け下さい。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「円覚寺」圧巻の紅一色! (11/30)

  • 11月30日現在の円覚寺の紅葉1
  • 11月30日現在の円覚寺の紅葉2

雪の後の円覚寺・総門前は見事な色付きです!先週まではまだまだ緑が顔を覗かせていましたが、息を呑む紅色に包まれていました。今週末まで見頃のピークが楽しめそうなので、混雑を避けた早朝にお出掛けするのがおすすめです。境内も見渡すと鮮やかな紅葉が目に飛び込んできます。メイン通りから妙高池まで紅に彩られた道が続きます。色鮮やかな発色なのはもちろんのこと、堂々として華があるように見えるのは、大寺院・円覚寺の風格を感じるからでしょうか。まだ見に行っていない方は、今週が大変おすすめですよ。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「東慶寺」本堂前のもみじが見頃です。 (11/30)

  • 11月30日現在の東慶寺の紅葉1
  • 11月30日現在の東慶寺の紅葉2

先週から山門前が見頃となっていた東慶寺。山門に向かう階段脇では鮮やかな秋色を楽しめます。リンドウの花は咲き終わり、紅葉シーズン本番に突入といった感じです。本堂にある形の良い綺麗なもみじの木がほぼ色付いてきました。僅かに残る緑の葉とのコントラストがこの日はまだ楽しめました。週末にはちょうど良く全てが紅葉しそうな勢いです。また、このもみじの木と松ヶ岡宝蔵の奥にある大銀杏とのコントラストも今週は必見。参道に立って、境内の奥を眺めると、黄色と紅が一度に視界に飛び込んで来ます。墓苑の銀杏の木々も落葉が少し進み、足下の黄色が少し増えてきました。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「明月院」本堂後庭園、限定公開中。 (11/30)

  • 11月30日現在の明月院の紅葉1
  • 11月30日現在の明月院の紅葉2

本堂後庭園が公開となった明月院では、ゆっくりと紅葉が進んでいます。見頃とはまだ言えないためか、人は少なめで後庭園はゆったりとした時間が流れていましたよ。お地蔵様もすっかり冬仕様で可愛らしいケープを纏っていました。後庭園は大きな木が多いので、見頃になればかなりの見応えが期待出来ます。現在の状況はまだまだ3割程度の色付きと言ったところでしょうか。一方で拝観口からすぐのエリアでは、良い感じになってきていました。月笑軒の前がとても綺麗です。この日の人気スポットは円窓。円窓からの景色が少し紅葉してきたので、写真を撮りたい人で長蛇の列が出来ていました。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「海蔵寺」番傘と張り合う深紅のもみじ。 (11/30)

  • 11月30日現在の海蔵寺の紅葉1
  • 11月30日現在の海蔵寺の紅葉2

先週ピークとお伝えした海蔵寺は、山門の周辺は多くが落葉してしまいました。それでもまだまだ紅葉ポイントはあります。今週は深紅に染まった梵鐘と庫裏の周辺のもみじが大変見頃です。海蔵寺名物の紅い番傘と張り合うかのような鮮やかさに色付いています。これほど統一感のある色付きが楽しめるのは今だけです。洗練された美しさをご堪能下さい。また、梵鐘周辺で足下を見ると、綺麗な苔の絨毯の上に散るもみじの葉が。良く手入れされた庭であるからこその美しさ。この景色も個人的にとても好きな海蔵寺の風景です。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「瑞泉寺」名勝庭園、紅葉はじまりました。 (11/30)

  • 11月30日現在の瑞泉寺の紅葉1
  • 11月30日現在の瑞泉寺の紅葉2

鎌倉一紅葉が遅いと言われる瑞泉寺ですが、ようやく紅葉始まりました。初期に一本だけ黄色に色付いていた大きな木はほぼ落葉し、その他の木々が上部から少しずつ紅葉しています。山門を覆うもみじや梵鐘周りのもみじは、まだまだ8割ほどが緑色をしていますが、名勝瑞泉寺庭園にあるもみじが黄色から橙色に染まり始めました。カリスマ・夢窓国師が作った岩庭の芸術は、紅葉が加わることで完成系となるのかもしれません。そんな気配すら感じさせる瑞泉寺の紅葉のはじまり。今後の色付きが楽しみです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「妙本寺」二天門前のコントラスト。 (11/30)

  • 11月30日現在の妙本寺の紅葉1
  • 11月30日現在の妙本寺の紅葉2

比企ガ谷の谷戸に佇む妙本寺も遅めの紅葉で知られます。今週は二天門に向かって左側のもみじの木が黄色に染まりました。正面から二天門を眺めると、左は黄色で右は緑の木々が覆っていて素敵なコントラストです。祖師堂に向かって右側の墓所では大きな銀杏の木がだいぶ色付いて来ていました。風が強かったからでしょうか、足下を見ると黄色の葉と緑の葉が半々程で落葉していました。紅葉の見どころとなる祖師堂では3分の1程が色付きました。この日は結婚式の前撮りをされているカップルの姿が。雰囲気のある秋の祖師堂に、和服姿のお二人がとても映えますね。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「安国論寺」本堂前の橙色。 (11/30)

  • 11月30日現在の安国論寺の紅葉1
  • 11月30日現在の安国論寺の紅葉2

大町の住宅街に佇む安国論寺はこの日も静か。山門をくぐると、真っ直ぐ続く参道を緑、黄、紅、橙と鮮やかな色彩。落ち葉のお手入れを念入りにされているようで、整えられたお庭はとても綺麗です。すれ違う職員さんも気持ち良い挨拶をしてくれてなんだか嬉しくなりました。一段階段を上がると、本堂の前にある大きめの形の良いもみじがちょうど見事な橙色に染まって見頃です。本堂正面にある、日蓮が住んだと言われる小庵前にももみじの木が茂っています。こちらは少しだけ紅く染まって来ていました。来週あたりが見頃になりそうな予感です。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

「長勝寺」黄色の絨毯と法華堂の紅。 (11/30)

  • 11月30日現在の長勝寺の紅葉1
  • 11月30日現在の長勝寺の紅葉2

長勝寺でも静かな時間を過ごすことが出来ました。山門の脇にある大銀杏がの落葉がかなり進み、鮮やかな黄色の葉が降り積もっていました。真下は墓所なので横から眺めましたが、とても美しい景色。山門を遠目から見ても黄色に彩られた様子がよくわかります。境内では法華堂にあるもみじの木が見事に紅葉していました。お堂との色のコントラストがとても綺麗です。法華堂の下にあるもみじは7割程の色付きで、まだ緑色とのコントラストが見られます。今週末までは銀杏も楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

「浄光明寺」深紅の彩り、見頃です。 (11/30)

  • 11月30日現在の浄光明寺の紅葉1
  • 11月30日現在の浄光明寺の紅葉2

扇ガ谷のもうひとつの谷戸にも深まる秋が来ていました。山門を彩る深い紅色にはじまり、境内は所々で秋色を見つけられます。今週の見どころは、境内右手の梵鐘まわりの橙色に染まったもみじ。また、梵鐘の階段を数段上がって境内を見渡すと、気持ちよい景色の中に深紅のもみじ。不動堂では庭仕事を終えたおばあちゃんたちが軒に腰掛けてちょうどランチタイムでした。なんともゆったりとした時間が流れています。阿弥陀堂へと向かう本堂脇の小道にも鮮やかなもみじ。よくみると本堂の窓に紅葉が映っていて素敵でした。今週はまだまだ色付いた木々を楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★★☆

2016年11月24日 鎌倉の紅葉と雪。

「瑞泉寺」紅葉前に積もる雪…。 (11/24)

  • 11月24日瑞泉寺の紅葉と雪1
  • 11月24日瑞泉寺の紅葉と雪2

ここは鎌倉で一番紅葉が遅い、と言われる瑞泉寺。山門付近の幾つかの大きな木々は色づき始めてところでしたが、石庭前のどこもく地蔵を祀る地蔵堂脇のモミジは枝の先の葉が少しだけ色が変わり始めたばかり。残りの葉はまだまだ青々としていました。それにしても梅の枝に積もる雪の様子は、いかにも禅寺な風情で本当に素敵です。

おすすめ度 ★★★★★

「浄智寺」雪が似合うお寺。 (11/24)

  • 11月24日浄智寺の紅葉と雪1
  • 11月24日浄智寺の紅葉と雪2

北鎌倉の山々に抱かれた風情溢れるお寺「浄智寺」さん。紅葉も雪も似合います。朝からの雪が茅葺の屋根に積もって、その景色はまるで日本昔話。寒さも吹っ飛びます!と言いたいところですが、朝から雪の中歩き通しで足先も指先も冷たい、冷たい。それでもいいもの見させていただきました〜!

おすすめ度 ★★★★★

「明月院」丸窓の向こう側の紅葉に積もる雪。 (11/24)

  • 11月24日明月院の紅葉と雪1
  • 11月24日明月院の紅葉と雪2

明月院の丸窓、部屋の手前側と向こう側の戸が閉まっていて、ガラス越しにはうまく撮れませんでした〜。残念。と肩を落としながら後庭園へと進みます。すると庭園一面が雪化粧。そこに赤や黄色の紅葉が彩りを添えて、なんとも美しい景色。もう寒さも限界!でしたが、貴重な風景を拝観させていただきました。

おすすめ度 ★★★★★

「明月院・月笑軒」紅葉と雪とお抹茶。

  • 11月24日明月院・月笑軒のお抹茶と雪1
  • 11月24日明月院・月笑軒のお抹茶と雪2

美味しんぼの第3巻に登場する「暖雪」という和菓子、葛まんじゅうに似ているのですが、葛の部分がとても分厚くてプルンプルンしているんですね。その意外な食感が「暖かい雪」というネーミングに繋がるのですが、こんな日はお抹茶をいただきながらそんな和菓子を食べたいなぁ、と思った次第です。「暖雪」は漫画の中の架空のお菓子で実在しないんですけどね。

おすすめ度 ★★★★★

「円覚寺」紅葉と雪。

  • 11月23日現在の円覚寺の紅葉1
  • 11月23日現在の円覚寺の紅葉2

昨日お伝えしたばかりの円覚寺の紅葉ですが、今日は朝からの雪で紅葉と雪の見事なコラボレーション。赤い葉に降り積もる白い雪は関東で生まれ育った私にとっては初めての体験!素敵でした〜。

それにしても、こんな日でも遠足の小学生!
風邪引くなよ!

おすすめ度 ★★★★★

「海蔵寺」紅葉と雪。

  • 11月23日現在の東慶寺の紅葉1
  • 11月23日現在の東慶寺の紅葉2

源頼朝公が雪を見たさに白い布を山にかけさせたから、という由来が残る鎌倉に実在する「衣張山」。紅葉の季節ですが朝からの雪で衣張山にも雪が積もったようで、山だけでなくお寺も白く染められました。こんな光景には頼朝公もびっくりですね。

海蔵寺の門前の色鮮やかな紅葉と山門に積もり始めた雪。
こんな風景が見られるなんて…!

おすすめ度 ★★★★★

2016年11月23日 鎌倉の紅葉、現在の状況。

「円覚寺」紅葉すすんでます。 (11/23)

  • 11月23日現在の円覚寺の紅葉1
  • 11月23日現在の円覚寺の紅葉2

先週から一歩前進して紅葉が深まった円覚寺。祝日というのもあり、かなり多くの人で賑わっていました。総門前はさらに見応えありの色付きで、まだ少し残る緑色とのコントラストが実に綺麗です。多くの人が立ち止まって写真を撮るので大渋滞が巻き起こっていました。二枚目の写真、境内奥の妙高池では、ようやく紅く染まって来たもみじを見ることが出来ます。一枚目の写真は座禅などが行われる居士林の門前。より鮮やかさを増して撮影ポイントとなっていました。境内の大通りも、本当に色鮮やかになりました。先週深紅に染まっていた所は徐々に散り始めたものも。とはいえまだまだ楽しめそうです。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

「東慶寺」もみじと日の丸。 (11/23)

  • 11月23日現在の東慶寺の紅葉1
  • 11月23日現在の東慶寺の紅葉2

勤労感謝の日の祝日とあって、日の丸が掲げられた東慶寺山門前。橙色から紅色に見事に染まったもみじとのコラボレーションが楽しめました。境内の松ヶ岡宝蔵の横にある大銀杏も、黄色に色付いている様子が山門から確認出来ました。境内では、本堂前の形の良いもみじの大きな木が半分ほど紅く染まってきました。二週間前はほぼ緑だったのが嘘のようです。境内奥の墓所にある銀杏の木々は少しずつ黄色い葉を落とし始めています。黄色い絨毯が見られるのはまだ先になりそうです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「浄智寺」黄色い絨毯、見頃です。 (11/23)

  • 11月23日現在の浄智寺の紅葉1
  • 11月23日現在の浄智寺の紅葉2

過去・現在・未来を表す、浄智寺のご本尊である三世仏が祀られた曇華殿の前にある大きな銀杏。落葉が始まり、真下のベンチは黄色の絨毯で彩られてとても綺麗です。その他のもみじの木に関しては、色付きは進んでいるものの見頃はまだ先と行った様子でした。書院の庭や書院の玄関前では、半分ほど色付いたもみじが楽しめます。紅と緑のコントラストが楽しめるのも今のうちでしょう。また、拝観出口を出て右手側、葛原岡ハイキングコースへと向かう道を銀杏の葉が黄色に縁取って素敵な雰囲気に。今日はハイキングの方もたくさんいました。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★★☆☆

「海蔵寺」落ち葉の作り出す風景。 (11/23)

  • 11月23日現在の海蔵寺の紅葉1
  • 11月23日現在の海蔵寺の紅葉2

今年の海蔵寺は早めに紅葉が進んでいるようです。今週も見頃ピークであろう海蔵寺は多くの参拝客で賑わっていました。山門前で深い色付きを先週見せていた木は落葉が始まりました。少し寂しい雰囲気になりますが、目線を下に落としてみれば、鮮やかな色をしたもみじの葉がたくさん落ちて趣深い風景を作っています。海蔵寺の前にある鎌倉十井のひとつ「底抜の井」を覗いてみれば、可愛らしいもみじの葉が浮かんでいました。散り始めだからこその美しい風景です。晴れていても水の絶えない海蔵寺では、所々に側溝があり水が少し溜まってます。よくみるとそこに落葉したもみじの葉があるので、上ばかりではなく下も要チェックですよ。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「英勝寺」お抹茶と紅葉と。 (11/23)

  • 11月23日現在の英勝寺の紅葉2
  • 11月23日現在の英勝寺の紅葉1

本日十一月23日は英勝寺でお抹茶を頂ける日でした。境内を散策した後に頂くお抹茶はとても良い気分。今週の見どころは、山門の脇にある紅く半分ほど染まったもみじの木。神奈川県の天然記念物に指定されている古木なのだそうです。こちらの山門は夏でも大変かっこいいのですが、秋の装いも素敵でした。竹林の前の紅葉は日当りが悪いためかまだまだ緑色。竹林とのコラボレーションを見られるのを楽しみにしたいですね。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★★☆☆

「寿福寺」石畳を彩るほんのり紅。 (11/23)

  • 11月23日現在の寿福寺の紅葉1
  • 11月23日現在の寿福寺の紅葉2

寿福寺の美しい石畳の参道も、頭上の木々が少しずつ染まり始めました。まだ上部のみの色付きですが、参道の先左側にある銀杏の木が鮮やかな黄色に。落葉も少ししていて脇苔の上には綺麗な葉が確認出来ました。参道の先を左へ曲がり、ぐるっとまわって北条政子の墓所へと向かうと、裏側はすっかり秋模様でした。寿福寺の裏手は墓所に加えて一般の民家もいくつかあるのですが、さすがは寿福寺のお隣さん、もみじの木が多いです。ぐっと深まる秋気分を味わえました。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★★☆☆

「妙本寺」ようやく色付きスタート。 (11/23)

  • 11月23日現在の妙本寺の紅葉1
  • 11月23日現在の妙本寺の紅葉2

祖師堂まわりの紅葉が大変人気のある妙本寺。二週間前はほとんど秋色を発見出来ませんでしたが、少しずつ紅葉が始まっているようでした。朱色の二天門の前のもみじの巨木は上部から黄色に変わり始めています。他の木々の落ち葉で秋らしさは感じられますが、まだ見頃は少し先かなという印象です。祖師堂の横のもみじは3分の1ほどは色付いたのではないでしょうか。黄色から橙色に染まり始めたところなので、緑色とのコントラストが楽しめます。駅から近いわりにやはり静かな妙本寺は紅葉の穴場となりそうです。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★☆☆☆

「長谷寺」見頃の始まり。 (11/23)

  • 11月23日現在の長谷寺の紅葉1
  • 11月23日現在の長谷寺の紅葉2

二週間前は全くと言っていいほど秋色が無かった長谷寺も、ついに本気モードに入っています。境内はそこら中に紅や黄色、そしてどこを見ても人。祝日とはいえ、さすがの人気ぶりです。二枚目の写真は、入ってすぐに目に入るライトアップされる放生池。半分以上が緑から紅へと変貌しており、さすがの美しさです。一枚目の写真はご本堂の前に設置されたベンチのさらに後ろに植えられた、比較的新しいもみじの木々。黒いお堂によく映える色になって来ています。その他は、千体観音さまの周りでも紅葉が見頃になっていました。人がもの凄く多いので、立ち止まって写真を撮るときは周りによく気をつけて下さい。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

2016年11月18日 鎌倉の紅葉、現在の状況。

「円覚寺」境内一部、見頃になってきました。 (11/18)

  • 11月18日現在の長寿時の紅葉1
  • 11月18日現在の長寿時の紅葉2

総門前のもみじが半分ほどは色付いた印象で見応え十分、立ち止まってカメラを構える参拝客が増えてきました。境内では選佛場前の深い紅色が深まる秋を教えてくれます。そのお隣、居士林も橙色と緑が交じり合い、今しか見られない絶妙な美しさです。こちらは人だかりの出来る、この日の人気撮影ポイントでした。奥行きのある境内を居士林前から眺めると、高低差のある円覚寺のあちらこちらに秋色を見つけられることでしょう。妙高池の紅葉見頃はもう少し先になりそうです。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★☆☆

「明月院」開山堂を彩る三色。 (11/18)

  • 11月18日現在の海蔵寺の紅葉1
  • 11月18日現在の海蔵寺の紅葉2

先週に引き続き、境内入ってすぐのところにある茶寮・月笑軒の紅葉が美しく色付いています。1週間で紅葉している木がずいぶん増えていますね。拝観口から頭上を見上げると、先週は緑だった木々が黄色へと変わりかけていて、季節の移ろいをしみじみと感じられます。 12月から公開される予定の本堂後庭園は、円窓から覗いてみましたが先週から変化なしでした。今週の見どころは、開山堂の茅葺き屋根の上を彩る紅・黄・青。やはり青空のもとだとより鮮やかに紅葉が映えるものです。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★★☆☆

「長寿寺」石庭の紅葉はじまりました。 (11/18)

  • 11月18日現在の長寿寺の紅葉1
  • 11月18日現在の長寿寺の紅葉2

10月から秋の限定公開中の長寿寺。一枚目の写真が書院の中から望む石庭ですが、ところどころ紅く色付いてきています。全体としてはまだまだこれからですが、これだけでもとても風情があってため息が出る美しさです。観音堂の裏手では大きなもみじの木がいくつかあり、少しずつですが紅葉してきました。木が作り出す木陰と苔、差し込む木漏れ日がたまりません。散策路裏手を上に上がり、足利尊氏の墓所から頭上を見上げると大きな銀杏の木が黄色く染まっていました。これから迎える紅葉ピークが待ち遠しい限りです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★☆☆☆

「海蔵寺」美しい山門、見頃です。 (11/18)

  • 11月18日現在の海蔵寺の紅葉1
  • 11月18日現在の海蔵寺の紅葉2

先週からさらに色付きが深まり、多くの参拝客で賑わうようになった海蔵寺。特に山門前の橙色から紅色の中間といったらいいでしょうか、絶妙な色付き具合となっています。また向かって左側の小さな門では、1週間前は黄緑だった葉が黄色になりました。鮮明すぎる発色では無いところも奥ゆかしい雰囲気の海蔵寺にぴったりです。こじんまりとした境内では人の往来が多くなっていますので、写真を撮る方は周りに気を配りつつ写真撮影を楽しみましょう。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★☆

「源氏山公園」紅色に包まれた頼朝公。 (11/18)

  • 11月18日現在の源氏山公園の紅葉1
  • 11月18日現在の源氏山公園の紅葉2

源氏山公園の源頼朝を囲む紅葉がまさにピークを迎えています。青空のもと、鮮やかな発色のもみじが広場を取り囲みます。また鎌倉遠足もピークを迎え、遠足ランチタイムのメッカとしても有名な源氏山公園は、子供たちの元気な声でいっぱいでした。すぐ近くには鎌倉七口の切通し・化粧坂。化粧坂から上がってくる時に、ちらっと頭上に見えるのがこの紅い紅葉なんですね。薄暗い切通しに差し込む木漏れ日もとても綺麗でした。

おすすめ度 ★★★★★
色付き度  ★★★★★

「鶴岡八幡宮」七五三と紅葉と。 (11/18)

  • 11月18日現在の鶴岡八幡宮の紅葉1
  • 11月18日現在の鶴岡八幡宮の紅葉2

ちょっとずつ紅葉の始まった鎌倉のシンボル鶴岡八幡宮です。「ひこばえ」はまだ黄緑でした。今週の見どころは、橋の上から見る柳原神池。ちょっとした撮影ポイントになっていて、人だかりが出来ていました。波が静まったとき池に映り込む紅葉も素敵です。橋の上では七五三で和装した家族連れの姿も。とても絵になりますね。また、旗揚弁財天の赤い橋からみる三の鳥居が紅葉に彩られていました。鎌倉らしい景観でこちらも素敵です。

おすすめ度 ★★★☆☆
色付き度  ★★★☆☆

「覚園寺」雰囲気抜群。少しずつ色付いています。 (11/18)

  • 11月18日現在の覚園寺の紅葉1
  • 11月18日現在の覚園寺の紅葉2

鎌倉で最も静かなお寺とも言われる覚園寺にも秋がやって来ました。もみじはまだまだ緑色ですが、部分的に紅葉し始めています。しだれもみじの黄色い葉が一際目を引く境内は、高い木々の上部が少し紅く染まり始めている程度です。見頃はまだまだこれからでしょう。それでもこの微妙な色付き具合が、ただでさえ風情のある覚園寺の風景をさらに格上げしています。とにかく雰囲気抜群なので、お出掛けしてみても損はありません。紅葉ピークが楽しみです。

おすすめ度 ★★★★☆
色付き度  ★★☆☆☆

「鎌倉宮」神苑はまだまだ緑。 (11/18)

  • 11月18日現在の鎌倉宮の紅葉1
  • 11月18日現在の鎌倉宮の紅葉2

明治天皇ゆかりの鎌倉宮では、神苑を生い茂る大きなもみじが見どころのひとつですが、今週はまだまだ緑色でした。境内に向かって右側に位置する社務所には平日にも関わらず、御朱印を求める人々の列。社務所周辺は日当りが良いため、橙色に程よく色付いています。傾きかけた陽に照らされて、午後は暖かな雰囲気を纏います。山を背負っている鎌倉宮は、上を見上げればかなり高い所まで木々が生い茂ります。上部の方からかすかに色付きが始まって来ているようでした。今後の色付きが楽しみです。

おすすめ度 ★★☆☆☆
色付き度  ★★☆☆☆

2016年11月10日 鎌倉の紅葉、現在の状況レポートをスタートします!

「円覚寺」総門前、染まってます。 (11/10)

  • 11月10日現在の円覚寺の紅葉1
  • 11月10日現在の円覚寺の紅葉2

北鎌倉駅を降りてすぐ目に付く、円覚寺・総門前の階段。紅く色付いたもみじの木がちらほらと目立ち始めました。境内では、居士林と選佛場の前のもみじがほんのり紅色です。ピーク時には紅葉の見所となる妙高池の周辺は、うっすらと色付き始めてます。近づいてよく見ると葉っぱの様子は緑8割、紅2割の染まり具合で、外側から順に紅くなってきています。全体的に見頃はまだですが、所々で深まる秋を感じられそうです。

「東慶寺」紅葉はまだでも、秋の花を愛でる。 (11/10)

  • 11月10日現在の東慶寺の紅葉
  • 11月10日現在の東慶寺の境内

花の寺・東慶寺の紅葉はまだまだこれからです。大銀杏は青々としていて、銀杏の実がたくさん落ちる頃。注意喚起の貼紙がされていました。今週の特筆すべきポイントは、茶室・寒雲亭にある一本の木が鮮やかな黄色になったこと、本堂の大きなもみじの木は日が当たる上部から少し色付き始めたこと。紅葉はまだでもさすがは花の寺。可愛らしいリンドウの青い花が境内のあちらこちらで咲き誇っていて、来る人を楽しませてくれます。

「明月院」月笑軒の紅と橙、秋を堪能。 (11/10)

  • 11月10日現在の明月院の紅葉1
  • 11月10日現在の明月院の紅葉2

紫陽花名所の明月院にも秋がやってきました。拝観口からすぐの場所にある茶寮・月笑軒では、鮮やかな橙色がお出迎えしてくれます。紅い緋毛氈に座って橙を眺めながらお茶を頂くのも風流ですし、外から眺めるだけでも秋の深まりをしみじみ感じられます。全体的にはまだこれから紅葉本番を迎える明月院。期間限定公開となる本堂後庭園は12月上旬頃からの公開です。紫陽花の株は綺麗に整えられ、来年の花を準備中です。

「浄智寺」書院の庭、紅葉と秋明菊。 (11/10)

  • 11月10日現在の浄智寺の紅葉1
  • 11月10日現在の浄智寺の紅葉2

葛原岡・源氏山の山々に抱かれた浄智寺。全体的に色付きがはじまったばかりですが、山寺ならではの秋が所々に散りばめられています。茅葺き屋根の書院に隣接した庭園では、落葉と紅葉が融合して「日本のふるさと」とでも名付けたくなるような懐かしい雰囲気が味わえます。その景色にピンク色の秋明菊が彩りを加えます。少し哀愁の漂う雰囲気がある浄智寺は、秋になるとさらに風情が増す気がしますね。ススキの穂がそよぐ、鐘楼門でも深まる秋を感じられます。

「海蔵寺」橙色に染まった美しい門前。 (11/10)

  • 11月10日現在の海蔵寺の紅葉1
  • 11月10日現在の海蔵寺の紅葉2

扇ガ谷の秘境ともいえる、水の湧き出す美しい海蔵寺。山門前は夏でも紅い葉を付けている木があるのですが、11月になり綺麗な橙色になりました。境内ではもみじの大半は緑ですが、その他の木々が黄色から橙色へと変わってきています。紅い番傘との組み合わせも趣があり、海蔵寺ならでは。この日もお庭のお手入れを自ら行う住職さんにお会いしました。相変わらず綺麗に整えられたお庭は、やはり鎌倉で一番美しいと言っても過言ではありません。

「妙本寺」見頃はまだ先でもカメラ人が集う。 (11/10)

  • 11月10日現在の妙本寺の紅葉1
  • 11月10日現在の妙本寺の紅葉2

比企ヶ谷の谷戸にひっそり佇む妙本寺。今のところ、高い木の上部が染まり始めたばかりです。境内入り口付近の方が日当たりが良いせいか、入り口から徐々に紅葉が始まっている様子。祖師堂内部から外を覗くと、わずかに紅に染まり始めた木を確認できました。それでも既に、大きなカメラを片手に熱心に写真を取りに来ている方々に遭遇。それほど妙本寺は魅力的なんです。全体的に紅葉の見頃はまだ先になりそうです。

「瑞泉寺」黄色に燃ゆる大木。 (11/10)

  • 11月10日現在の瑞泉寺の紅葉1
  • 11月10日現在の瑞泉寺の紅葉2

鎌倉で最も紅葉が遅いと言われる瑞泉寺ですが、11月上旬というこの時期に燃えるような色付きを見ることが出来ました。たった一本の木でも、こんなに存在感があります。落葉して寂しげなトーンの風景を温めるかのような黄色。その他の木々はまだまだこれから紅葉が始まりそうです。

「長谷寺」まだまだ主役は緑色。 (11/10)

  • 11月10日現在の長谷寺の紅葉1
  • 11月10日現在の長谷寺の紅葉2

鎌倉の紅葉名所を代表する長谷寺ですが、今週はまだまだ緑がメインでした。ライトアップで美しく染まる池の周りはこれからの紅葉になりそうです。紅といえば、色鮮やかな錦鯉たちが元気に泳いでいました。この日の紅葉ポイントは大黒天さん。お堂脇に植えられた白雲木が鮮やかな黄色でお目立ち度ナンバーワン。ぐるっと歩いて、境内で一番高い位置にある散策路から景色を見下ろすと、所々、背の高い木の上部が染まり始めているのを確認出来たので、来週はもう少し期待できそうです。

鎌倉・紅葉の名所

鎌倉紅葉スポット:円覚寺
紅を纏う、北鎌倉の玄関口。

  • 円覚寺の紅葉
  • 円覚寺の紅葉2

広大な境内を持つ鎌倉五山第二位の「円覚寺」。息を呑むほど鮮やかな発色の紅葉が毎年多くの人々を惹き付けます。大寺院ならではのダイナミックな紅葉を楽しめるお寺です。総門前の紅葉の木々、境内の奥へと貫く参道沿いの色付き、そして妙香池の周りを彩る紅葉が主なスポットです。三脚を使用出来る数少ないお寺でもあるため、紅葉が見ごろになると一眼レフを持った人たちで賑わいます。

「円覚寺」紅葉の見ごろは…?

11月中旬から下旬が例年の見ごろ。日当りの良い場所が多いため、北鎌倉ですが早めに色付き始めます。北鎌倉駅を下りてすぐに目に留まる、総門前の階段を彩る真っ赤な紅葉は、秋の深まりを教えてくれます。

円覚寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:瑞鹿山円覚寺
創建:1282年(弘安5年)
住所:鎌倉市山ノ内409
開門時間:3月 - 11月:8:00 - 16:30 / 12月 - 2月:8:00 - 16:00
拝観料:大人 300円 / 子供100円

UNIQUELY鎌倉・円覚寺ページ

鎌倉紅葉スポット:明月院
紫陽花だけじゃない、見逃せない秋の装い。

  • 明月院の丸窓
  • 明月院の紅葉

紫陽花があまりにも有名な「明月院」は、実は紅葉もとても美しいお寺。谷戸に建つ寺院はまるで山に抱かれるかのように佇み、境内も見事な紅葉で彩られます。
期間限定で公開される本堂後庭園を始め、月笑軒の周囲を取り囲む背の高い木々、故山水庭園、円窓からの景色…などなど見どころ満載です。

「明月院」紅葉の見ごろは…?

谷戸にある明月院は日当りはあまり良くないため、例年見ごろは少し遅めの11月下旬から12月中旬です。土日はそこそこ混雑しますので、ゆっくりと紅葉を楽しむなら平日がおすすめです。

明月院へのアクセス、拝観時間など。

名称:福源山明月院
創建:1300年代
住所:鎌倉市山ノ内189
開門時間:9:00 - 16:00(6月のみ8:30 - 17:00)
拝観料:300円(6月は500円)/本堂後庭園は別途500円

UNIQUELY鎌倉・明月院ページ

鎌倉紅葉スポット:瑞泉寺
静寂が包み込む紅葉ガ谷の晩秋。

  • 瑞泉寺石庭と紅葉
  • 瑞泉寺、紅葉ガ谷の紅葉

深い谷戸に囲まれた瑞泉寺は、中心地から離れた「紅葉ガ谷」と呼ばれる場所にあります。瑞泉寺の山号・錦屏山(きんぺいさん)は、寺院を取り囲む山々の紅葉が錦の屏風のように美しいことから付けられたと言われるほど、古来から紅葉が楽しまれてきた場所なのです。

「瑞泉寺」紅葉の見ごろは…?

鎌倉で一番色付くのが遅いのが瑞泉寺とも言われます。長谷寺や円覚寺の紅葉ピークが過ぎたら、瑞泉寺に足を向けてみましょう。11月下旬から12月中旬が見頃となります。イチョウの黄色にカエデの紅。日当りがあまり良くないため、派手ではないけれど控えめな色付きが印象的です。「鎌倉ならでは」の紅葉を最も楽しめる場所かもしれません。

瑞泉寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:錦屏山瑞泉寺
創建:1327年(嘉暦2年)
住所:鎌倉市二階堂710
開門時間:9:00 - 17:00(入山は16:30まで)
拝観料:大人 200円 / 小中学生 100円 / 障がい者無料

UNIQUELY鎌倉・瑞泉寺ページ

鎌倉紅葉スポット:妙本寺
祖師堂が切り取る秋の比企ガ谷。

  • 妙本寺祖師堂が切り取る紅葉
  • 妙本寺祖師堂横の紅葉

鎌倉駅から徒歩圏内にあるのに、ひっそり静かな妙本寺。比企ガ谷と呼ばれる谷戸にあるため、周囲を山々に囲まれ秋の雰囲気を存分に感じられるお寺の一つです。境内奥にある二天門と祖師堂、その周りを彩る紅葉が見事です。祖師堂の中から見る紅葉も妙本寺ならではの楽しみ方。薄暗い堂内の柱や軒の作り出す額縁が、鮮やかな紅葉を切り取って新たな景色を見せてくれます。

「妙本寺」紅葉の見ごろは…?

谷戸にあるため、妙本寺は鎌倉でも比較的遅い紅葉です。長谷寺や円覚寺の紅葉ピークが過ぎたら妙本寺に足を向けてみましょう。11月下旬から12月上旬が見頃となります。二天門前のカエデや、天然記念物に指定されている大きなイチョウの木が鮮やかに色付きます。

妙本寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:長興山妙本寺
創建:1260年(文応元年)
住所:鎌倉市大町1-15-1
開門時間:9:00 - 16:00
拝観料:無料

UNIQUELY鎌倉・妙本寺ページ

鎌倉紅葉スポット:長谷寺
鎌倉唯一の紅葉ライトアップ。

  • 長谷寺のライトアップされた紅葉
  • 長谷寺のライトアップされた紅葉全景

鎌倉の紅葉を語る上で外す事の出来ない長谷寺。海の匂いを感じられる場所に建ち、四季を通じて人気の高いお寺です。圧巻の大きな観音様がいる本堂手前の紅葉をはじめ、拝観入り口すぐの放生池と妙智池を取り囲む紅葉も実に見事です。鎌倉唯一の紅葉ライトアップが楽しめることもあり、毎年多くの人で賑わいます。

「長谷寺」紅葉の見ごろは…?

鎌倉の中では早めに紅葉が始まり11月中旬から12月初旬が見頃です。2016年の紅葉ライトアップは11/26〜12/11なのでお見逃し無く。時間は日没から18時までです(土日は18時半まで。)夜のお寺を楽しみましょう。

長谷寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:海光山慈照院長谷寺
創建:736年と伝承
住所:鎌倉市長谷3-11-2
開門時間:11/26 - 12/11のライトアップ期間 8:00 - 18:00(土日は〜18:30)。
通常は8:00 - 17:00。
拝観料:大人 300円 / 小人 100円

UNIQUELY鎌倉・長谷寺ページ

鎌倉紅葉スポット:東慶寺
歴代尼僧を鮮やかに彩る。

  • 11月初旬の東慶寺の紅葉
  • 11月初旬、東慶寺境内に咲くりんどう

女性から離縁が出来なかった時代に、縁切り寺法で多くの女性を救った「駆け込み寺」として知られる東慶寺。境内では四季折々の花が絶えることがなく、花の寺としても人気が高いお寺です。紅葉の時季には本堂前の大きなモミジや、鐘楼の周囲を取り囲む紅色が鮮やかに発色して人々を魅了します。境内奥の歴代尼僧が眠る墓苑では、イチョウが落葉すると息を呑む美しい黄色の絨毯が現れるのでこちらも見逃せません。

「東慶寺」紅葉の見ごろは…?

見頃は11月下旬から12中旬頃です。境内の奥の方は山に囲まれひっそりとしているため、遅めの色付きとなる傾向があります。落葉し始めた頃が美しい墓苑は、12月に入ってから訪れてみると良いかもしれません。

東慶寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:松岡山東慶総持禅寺
創建:1285年
住所:鎌倉市山ノ内1367
開門時間:8:30 - 16:00( 3月 - 10月は8:30 - 17:00)
拝観料:大人 200円 / 小中学生100円

UNIQUELY鎌倉・東慶寺ページ

鎌倉紅葉スポット:浄智寺
「浄智寺」山と溶け合う秋の寺。

  • 北鎌倉、浄智寺の紅葉1
  • 北鎌倉、浄智寺の紅葉2

鎌倉五山第四位の禅寺、浄智寺。現在残るのはこじんまりとした境内ですが、鎌倉の旨味が凝縮されています。派手さはない紅葉ですが、仏殿前の大きなイチョウ、庫裏前のカエデなど鮮やかに色付いて美しい調和を楽しめます。書院の庭が赤色に染まる頃は、風情ある浄智寺を100%楽しめるでしょう。

「浄智寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月中旬が見頃となります。お寺の後ろは源氏山という立地の浄智寺。葛原岡ハイキングコースへと向かう道のイチョウの落葉も美しいです。散策がてら、ハイキングコースを歩いて源氏山公園の紅葉を見に行くのもおすすめです。

浄智寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:金峰山浄智寺
創建:1283年
住所:鎌倉市山ノ内1402
開門時間:9:00 - 16:30
拝観料:大人 200円 / 子供100円

UNIQUELY鎌倉・浄智寺ページ

鎌倉紅葉スポット:海蔵寺
花と水の寺を彩る橙。

  • 海蔵寺の紅葉1
  • 海蔵寺の紅葉2

扇ガ谷の谷戸の奥にひっそりと佇む海蔵寺。いつ訪れても丁寧に手入れがなされた庭は大変美しいものです。紅い番傘が印象的な境内は、紅葉の時季もより美しい姿となります。見どころは山門周りの紅葉、門の間から見る美しい庭の景色、梵鐘周りのもみじが特におすすめポイントです。

「海蔵寺」紅葉の見ごろは…?

11月中旬から12月上旬が見頃となります。山門周りは夏でも赤い葉を付けた木が見られますが、秋が深まると黄色から橙色へと変化していきます。こちらはわりと早い時期から楽しめる景色です。また、11月下旬頃から色付く梵鐘と庫裏周辺の紅いもみじ。建築物とのコントラストが見どころです。海蔵寺へと向かう住宅街の静かな道も、紅葉して見事な景観となり気分を一層高めてくれます。

海蔵寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:扇谷山海蔵寺
創建:1253年
住所:鎌倉市扇ガ谷4-18-8
開門時間:9:00 - 16:30
拝観料:十六の井の拝観のみ100円

UNIQUELY鎌倉・海蔵寺ページ

鎌倉紅葉スポット:安国論寺
大町の紅葉穴場スポット。

  • 安国論寺の紅葉
  • 安国論寺の紅葉2

鎌倉の紅葉は、北鎌倉と源氏山周辺がメインに思われがちですが、大町にも妙本寺以外に素晴らしい紅葉を楽しめるお寺があります。日蓮が鎌倉の拠点にしていた松葉ガ谷草庵の跡地のひとつとされる日蓮宗の寺院で、四季を通じて美しい景色を見せてくれます。紅葉は門前と参道にある銀杏の木が黄金色になる頃や、本堂前の立派なもみじの木が色付く頃がベストでしょう。

「安国論寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月上旬頃が見頃となります。黄葉が先に始まり、12月になるともみじが紅く色付いてきます。富士見台へと向かう境内の散策路では、自然のままの秋を感じられておすすめです。ただしこの散策路は歩きやすい靴で行くのが鉄則。秋の晴れた日には、高台から見る澄んだ富士山が気持ち良いものです。

安国論寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:妙法蓮華山安国論寺
創建:1253年
住所:鎌倉市大町4-4-18
開門時間:9:00 - 17:00
拝観料:100円

UNIQUELY鎌倉・安国論寺ページ

鎌倉紅葉スポット:鶴岡八幡宮
朱と紅の共演。

  • 鶴岡八幡宮、大銀杏ひこばえの紅葉
  • 鶴岡八幡宮の紅葉

鎌倉のランドマーク・鶴岡八幡宮。鮮やかな朱色の社殿が鎌倉に来る人々をお出迎えしてくれます。平成22年の台風で、見事に黄葉する大銀杏の巨木が倒れてしまいましたが、「ひこばえ」と呼ばれる小さな枝が再生していのちを繋いでいます。境内では舞殿の周辺の木々、白旗神社と柳原神池、神苑ぼたん庭園(11月末までの公開)、鎌倉国宝館前などたくさんの紅葉スポットがあります。

「鶴岡八幡宮」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月上旬頃が見頃となります。紅葉の紅色と社殿の朱色とのコラボレーションは大変見応えがあります。柳原神池にかかる赤い橋と紅葉も神秘的な景色。11月中旬頃から少しずつ色付きが始まり、紅い色が深まるのは12月の初旬頃になるでしょう。

鶴岡八幡宮へのアクセス、拝観時間など。

名称:鶴岡八幡宮
創建:1063年
住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31
開門時間:6:00 - 21:00
拝観料:無料(拝観志納)

UNIQUELY鎌倉・鶴岡八幡宮ページ

鎌倉紅葉スポット:長寿寺
期間限定、秋の特別公開。

  • 長寿寺、石庭の紅葉
  • 長寿寺、紅葉の庭を散策できます

春と秋の季節限定公開の長寿寺。亀ガ谷坂の入り口付近に静かに佇む禅寺は、続き間となっている本堂・方丈・書院へ上がって中から庭園を眺める事が出来ます。窓枠に映る石庭はまるで切り取られた絵画のよう。紅葉が見頃になると、さらに色鮮やかな絵がそこには待っています。続き間の廊下や、どの窓から外を見るかによって異なる景色を楽しめるのも醍醐味。また石庭と反対側には、茅葺き屋根の観音堂があり見事な苔庭となっています。背景に映り込む紅葉がさらに景色を引き立てます。足利尊氏の墓所周辺では、竹林と紅葉のコラボレーションも楽しめます。

「長寿寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬〜12月中旬頃が見頃となりそうです。石庭にあるもみじ以外の木々は早い時期に紅葉し、追ってもみじが紅色へと染まっていきます。

長寿寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:宝亀山長寿禅寺
創建:室町時代初期(詳細は不明)
住所:鎌倉市山ノ内1503
開門時間:季節・曜日限定公開。春季(4,5,6月)、秋季(10,11月)の金土日と祝日のみ。
10:00 - 15:00(雨天中止)※2016年秋は12月1週目までの公開予定。
拝観料:300円

UNIQUELY鎌倉・長寿寺ページ

鎌倉紅葉スポット:源氏山公園
清々しい源氏山の秋。

  • 源氏山公園の紅葉
  • 源氏山公園、頼朝公の像を紅葉が囲う

近くに銭洗弁財天や佐助稲荷神社など人気スポットを携えた、鎌倉憩いの場・源氏山公園。紅葉の時期には山ならではの壮大さを感じられる清々しい紅色で、私達を迎えてくれます。特におすすめは源頼朝公が佇む広場。平日には遠足の子供たちがお弁当を食べに来たり、土日は家族連れで賑わう子供の声が絶えない平和なスポットでもあるのです。頼朝公を取り囲む深紅の彩りは圧巻です。

「源氏山公園」紅葉の見ごろは…?

11月中旬から12月上旬頃が見頃となります。化粧坂から上がって来ても良いですし、銭洗弁財天の方から来ても良いコースですよ。また、大仏・葛原岡ハイキングコースの中継地点ともなっているので、秋のハイキングを楽しむのも醍醐味です。

源氏山公園へのアクセス、拝観時間など。

名称:源氏山公園
創建:_
住所:鎌倉市扇ガ谷4-13
開門時間:いつでも可
拝観料:なし

UNIQUELY鎌倉・源氏山公園ページ

鎌倉紅葉スポット:鎌倉宮
神苑を彩る大きなもみじ。

  • 鎌倉宮の紅葉
  • 鎌倉宮の紅葉2

南北朝時代にこの地で亡くなった護良親王を偲んで、明治天皇が建てられた鎌倉宮。鎌倉の中では新しい神社なのですが、本宮裏にある神苑では悠然とした紅葉を楽しめる場所として人気です。背の高いもみじの木が生い茂る神苑で、ベンチに座って鑑賞するのがおすすめです。

「鎌倉宮」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月中旬頃が見頃となります。比較的遅めの紅葉ですが、社務所の手前にあるもみじの木は日当りも良いため11月中旬頃から色付き始めます。見どころとなる神苑や、背後の山々が綺麗に染まる様子を楽しむのなら12月初旬頃が良いかもしれません。

鎌倉宮へのアクセス、拝観時間など。

名称:鎌倉宮
創建:1869年
住所:鎌倉市二階堂154
開門時間:2月 - 11月 9:30 - 16:30(入場は16:00まで)
12月、1月 9:30 - 16:00(入場は15:30まで)
拝観料:大人 200円 / 小中学生100円

UNIQUELY鎌倉・鎌倉宮ページ

鎌倉紅葉スポット:覚園寺
鎌倉一静かな谷戸で晩秋を感じる。

  • 覚園寺の紅葉
  • 覚園寺の紅葉2

二階堂の谷戸の奥に佇む、鎌倉で一番静かで中世の面影が残るとも言われている覚園寺。四季を通して美しい景色が楽しめる覚園寺ですが、紅葉の時期はより雰囲気抜群になります。愛染堂の前に生い茂るもみじの木々が紅く色付く頃にはため息の出るほどの美しさになります。愛染堂までは写真撮影も可能なので、撮影ポイントとなることでしょう。

「覚園寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月中旬頃が見頃となります。しだれもみじなどの変わりもみじは、11月中旬から色付き始めます。多少早い時期に訪れても、風情溢れる境内を堪能出来るでしょう。

覚園寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:鷲峰山真言院覚園寺
創建:1296年
住所:鎌倉市二階堂421
開門時間:境内奥の拝観は案内人と一緒に説明を聞きながら。約50分。
平日: 10:00〜、11:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00〜
土日祝: 平日の時間プラス12:00〜の時間帯も拝観出来ます。
拝観料:大人 500円(愛染堂までは無料)

UNIQUELY鎌倉・覚園寺ページ

鎌倉紅葉スポット:報国寺
竹の寺を彩る秋色。

  • 報国寺の紅葉1
  • 英勝寺の紅葉

竹の寺として鎌倉屈指の人気を誇る報国寺。外国人観光客も多く訪れる、「和」を感じられるスポットです。爽やかなグリーンの竹林と紅葉とのコントラストが見物となります。竹の庭周辺ももちろん良いですが、山門周辺の背の高いもみじの木々や迦葉堂前のもみじも美しい景色を作り出します。

「報国寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月中旬頃が見頃となります。銀杏が先に色付いて、もみじが色付くのは12月頃となります。

報国寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:功臣山報国寺
創建:1334年
住所:鎌倉市浄明寺2-7-4
開門時間:9:00 - 16:00
拝観料:境内無料 / 竹庭拝観 200円 / 竹庭拝観+お抹茶 500円

UNIQUELY鎌倉・報国寺ページ

鎌倉紅葉スポット:英勝寺
尼寺の秋。竹林と紅葉と。

  • 英勝寺の紅葉1
  • 英勝寺の紅葉

鎌倉で現存する唯一の尼寺、英勝寺。花の寺としても知られていますが、紅葉も見事なものです。総門や山門の周辺を彩る木々と、見応えのある立派な建築物とのコラボレーションが楽しめます。特に境内奥に広がる見事な竹林と茶寮の間にあるもみじの木々が紅く染まる頃は、抜群に良い雰囲気を味わうことが出来ます。

「英勝寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月中旬頃が見頃となります。山門前から色付き始め、総門前の大銀杏、12月に入ってから竹林と茶寮の周辺が見頃となります。落葉して紅い絨毯を作り出す紅葉終盤の頃は特に必見です。

英勝寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:東光山英勝寺
創建:1636年
住所:鎌倉市扇ガ谷1-16-3
開門時間:9:00 - 16:00
拝観料:大人300円/高校生200円/小中学生100円/乳幼児0円

UNIQUELY鎌倉・英勝寺ページ

鎌倉紅葉スポット:浄光明寺
扇ガ谷のもう一つの秋。

  • 浄光明寺の紅葉1
  • 浄光明寺の紅葉

扇ガ谷の紅葉と言えば海蔵寺が有名ですが、西側に位置する谷戸で穴場の紅葉スポットとなっているのが浄光明寺です。住宅街の中に位置していますが、奥行きのある境内は鎌倉時代の面影を後世に残す歴史的価値の高いものです。山門や本堂の周辺、梵鐘の周辺などを中心に色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。

「浄光明寺」紅葉の見ごろは…?

11月下旬から12月上旬頃が見頃となります。11月中には大部分が紅葉してきますが、より深まる色付きが見られるのは12月に入ってからとなります。混雑を避けてゆったりと紅葉を楽しみたい方には絶好の穴場スポットです。

浄光明寺へのアクセス、拝観時間など。

名称:泉谷山浄光明寺
創建:1251年
住所:鎌倉市扇ガ谷2-12-1
開門時間:7:00 - 16:00
(阿弥陀堂は木・土・日・祝のみ拝観可。8月は拝観休止。10:00-12:00、13:00-16:00)
拝観料:無料(阿弥陀堂は別途200円)

UNIQUELY鎌倉・浄光明寺ページ

鎌倉、紅葉の名所と見どころ。

円覚寺

円覚寺

鎌倉五山第二位の、北鎌倉駅前にある大きな大きなお寺。境内では紫陽花や紅葉など季節ごとに楽しめます。

明月院

明月院

紫陽花といえば明月院。明月院といえば紫陽花ですが、秋の紅葉も素敵なんです。丸窓から見る紅葉は明月院ならでは。

瑞泉寺

瑞泉寺

山々に抱かれて静かに佇む瑞泉寺。天才庭師、夢窓国師が作った庭園は一見の価値あり。その他、「どこも苦地蔵」など

妙本寺

妙本寺

鎌倉の市街地にあって、駅からも余裕の徒歩圏内でこのひっそり感はお見事です。比企一族の菩提寺。

長谷寺

長谷寺

「長谷観音」の名で親しまれる長谷寺のご本尊、十一面観音様。奈良から海を渡ってやってきた伝説の観音様です。

東慶寺

東慶寺(縁切寺)

女性から離縁できない封建時代、ここは離婚したい女性が駆け込む女人救済のお寺でした。通称「縁切寺」です。

浄智寺

浄智寺

緑や苔、階段、建築物…全てが良い具合に調和した趣のあるお寺。鎌倉七福神の布袋さんがいらっしゃいます。

海蔵寺

海蔵寺

藁葺き屋根の庫裡と山々に抱かれるようにして佇む境内に立つとまるでタイムスリップしたような錯覚に。

安国論寺

安国論寺

鎌倉・大町の落ち着いた住宅街の先にある緑に包まれた寺院。日蓮宗の宗祖、日蓮にゆかりの深いお寺です。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

大仏さまと並ぶ、鎌倉の2大ランドマーク「鶴岡八幡宮」。鎌倉幕府の時代から街づくりや文化の中心です。

長寿寺

長寿寺

元寇を退けたい幕府の願いを叶えたとも言われる、祈願の為のお寺。鎌倉幕府鬼門の方角に建てられています。

鎌倉宮

鎌倉宮

明治天皇の勅令で創建された鎌倉宮。鎌倉幕府倒幕時の明治天皇と同じ境遇にあられた護良親王をお祀りしています。

覚園寺

覚園寺

観光客で賑わう寺院とは一線を画したお寺。都会の喧騒を忘れ、気が引き締まる雰囲気の中、ツアー形式で拝観します。

報国寺

報国寺

ミシュランガイドで観光スポットとして星ももらった「報国寺」竹の庭を眺めながらいただくお抹茶は格別です。

鎌倉エリア別ガイド