円覚寺総門前の紅葉

  • 円覚寺・三門
  • 妙香池
  • 黄梅院まえの仏様
  • 国宝・洪鐘(おおがね)
  • 宝冠釈迦如来
  • 白龍図
  • 国宝・舎利殿
  • 国宝・舎利殿2
  • お正月の円覚寺
  • 円覚寺選仏場前の梅
  • 円覚寺方丈場前の枝垂れ梅
  • 枝垂れ梅
  • 円覚寺の紫陽花
  • 円覚寺の紫陽花2
  • 円覚寺の紫陽花3
  • 円覚寺総門前の紅葉
  • 総門から紅葉を眺める
  • 紅葉と雪の円覚寺
  • 円覚寺佛日庵のコケと女性

円覚寺

鎌倉五山第二位 8代執権北条時宗の寺。

とにかく広い、円覚寺。北鎌倉駅を降りると、もうそこは円覚寺です。かつては境内だった場所をJR横須賀線が通過しています。駅の横にある百鷺池(びゃくろち)も円覚寺の一部だったものです。建長寺と並び、広い境内を有する円覚寺を歩いてみると、ひとつの町の中を歩いているかのようです。立派な三門や、美しい妙香池には目を見張ります。

元寇の戦没者を弔うために、北条時宗によって1282年(弘安5年)に創設されました。日本の歴史の中で、本州を外国から攻められたのはこの一度きり。この一大事を乗り切った北条時宗は偉大な人物でした。

現在は多くの座禅会が開かれていて、初心者も参加する事ができます。駅前ということもあり、いつも多くの人が訪れる円覚寺。外国人も多く、国際的にも親しまれる禅寺となっています。また、国宝と言えば円覚寺。鎌倉には国宝が3つあります。そして、そのうちの2つが円覚寺にある「舎利殿」と「洪鐘(おおがね)」なのです。

 

名称 瑞鹿山円覚寺
宗派 臨済宗円覚寺派
所在地 〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内409
アクセス JR横須賀線北鎌倉駅徒歩1分
拝観時間 3月 〜 11月:8:00 〜 16:30
拝観時間 12月 〜 2月:8:00 〜 16:00
休日 無休(荒天時はお休みのことがあります)
拝観料 大人 300円 / 子供 100円
TEL 0467-22-0478
URL www.engakuji.or.jp
駐車場 円覚寺門前に駐車場あり(普通車600円 / 1時間 大型車2000円 / 1h)
駐輪場  
撮影 境内、写真撮影可能です。一脚、三脚の使用は他のお客さまの迷惑とならないようにお願いします。
ペット かつてワンちゃんを飼っていた円覚寺ではペット同伴OKです。入山時に念のため確認をお願いします。リードは短くマナーを守ってくださいね。「ペット同伴OK」を知らない参拝者に白目で見られるかもしれません…

円覚寺について

円覚寺詳細情報

円覚寺・総門

◼︎名称:円覚寺(えんがくじ)
◼︎正式名称:瑞鹿山円覚興聖禅寺
◼︎宗派:臨済宗円覚寺派
◼︎寺格:鎌倉五山第二位 / 臨済宗円覚寺派大本山
◼︎御本尊:宝冠釈迦如来(鎌倉市指定文化財)
◼︎創建:1281年(弘安5年)
◼︎開山:無学祖元
◼︎開基:鎌倉幕府8代執権北条時宗
◼︎国宝:舎利殿 / 梵鐘
◼︎文化財:重要文化財などに指定された多数の文化財を所持しているが、そのほとんどを鎌倉国宝館に寄託しています。

円覚寺の縁起について

円覚寺・山門(三門)

鎌倉時代中頃、日本は1274年(文永の役)、1281年(弘安の役)と二度にわたりモンゴル帝国からの侵攻に立ち向かいます。幕府軍は主に九州の武士(地頭や御家人達)の活躍でモンゴル軍を退けますが、双方ともに多数の戦死者を出してしまいます。


時の執権、北条時宗が敵味方の区別なく菩提を弔うために建てたのがこの円覚寺です。

【国宝】梵鐘、洪鐘(おおがね)

国宝・洪鐘

1301年(正安3年)に北条貞時が国家安泰を祈って作らせた大鐘(おおがね)

【国宝】舎利殿 (円覚寺塔頭正続院内)

国宝・舎利殿

円覚寺塔頭の正続院には国宝の舎利殿がございます。ここには、鎌倉幕府三代目将軍、源実朝が宋より請来(しょうらい)した佛牙舎利、つまりお釈迦さまの歯が祀られています。一般拝観はお正月三が日や秋の宝物風入れの時期等、限られた日のみです。

鎌倉三十三観音 第三十三番札所「佛日庵・十一面観音」

佛日庵・開基廟

円覚寺の塔頭(たっちゅう)の一つ、佛日庵は鎌倉三十三観音の最後、三十三番目の札所です。

円覚寺の開基、8代執権北条時宗公をお祀りしておりまして、佛日庵境内の開基廟では時宗公の他に9代執権北条貞時公、鎌倉幕府最後の執権(14代)北条高時公の木像、そして「十一面観音」様がいらっしゃいます。鎌倉三十三観音巡りの最後にお参りすると「結願(けちがん)印」を押してもらえます。

鎌倉三十三観音の御朱印は円覚寺の拝観受付近くにある御朱印所ではなく、佛日庵でいただきましょう。三十三観音の御朱印であることを忘れずに伝えましょう。


御朱印と巡る鎌倉三十三観音巡り特集

鎌倉二十四地蔵巡り 十三番札所「正続院・手引地蔵」

鎌倉二十四地蔵、十三番札所、正続院御朱印

国宝、舎利殿を擁する円覚寺塔頭の正続院は鎌倉二十四地蔵の第十三番札所でございます。こちらにいらっしゃる手引地蔵さまにお参りしたいのですが、お正月や宝物風入れなどの特別な日を除いて正続院の中に入ることはできません。御朱印は円覚寺拝観受付横の納経所でお願いしましょう。


御朱印と巡る鎌倉二十四地蔵巡り特集

鎌倉二十四地蔵巡り 十四番札所、佛日庵・延命地蔵

円覚寺・山門(三門)

佛日庵は三十三観音巡りの最後の札所であるとともに、鎌倉二十四地蔵巡りの十四番目の札所でもあります。

鎌倉時代の後、南北朝時代に作られたと言われる佛日庵の御本尊「延命地蔵菩薩」。それほど大きくない仏像ですが、本堂に靴を脱いで上がり、歴史ある地蔵菩薩を眼前に、心静かに拝観、お参りができる心地よい場所です。

御朱印は円覚寺総門横の納経所ではなく、佛日庵にて受け付けています。こちらでは三十三観音、二十四地蔵、開基北条時宗公の3種の御朱印がありますので、二十四地蔵の御朱印を、としっかり伝えましょう。

御朱印と巡る鎌倉二十四地蔵巡り特集

鎌倉二十四地蔵巡り 番外札所1「伝宗庵・子安地蔵」

鎌倉二十四地蔵、番外札所、伝宗庵御朱印

円覚寺塔頭の伝宗庵は鎌倉二十四地蔵の番外札所とされています。現在は北鎌倉幼稚園となっているため、ご本尊の子安地蔵さまは鎌倉国宝館にいらっしゃいます。伝宗庵には入ることはできません。御朱印は円覚寺拝観受付横の納経所でお願いしましょう。


御朱印と巡る鎌倉二十四地蔵巡り特集

山門

円覚寺・山門(三門)

宝冠釈迦如来や天井絵、白龍図などが安置されている。

お茶処・佛日庵

佛日庵

円覚寺境内にある佛日庵では、鎌倉の四季を味わいながらお抹茶をいただけます。

拝観料:100円(拝観とお抹茶のセットで500円)
拝観時間:4月〜10月 9:00-16:30、11月〜3月 9:00-16:00
TEL:Å0467-25-3562
URL:www.butsunichian.com


「UNIQUELY鎌倉」お寺のお庭とお抹茶特集

仏殿

佛日庵、お地蔵様

宝冠釈迦如来や天井絵、白龍図などが安置されている。

宝冠釈迦如来

御本尊、宝冠釈迦如来

円覚寺の御本尊「宝冠釈迦如来」

白龍図

白龍図

仏殿の天井絵「白龍図」
前田青邨(まえだせいそん)画伯監修、守屋多々志画伯作。
仏殿の天井いっぱいに広がる白龍図は必見です。

妙香池

妙香池

江戸時代の絵図に基づき2000年(平成12年)に復元されたもの。秋は池全体が紅葉に囲まれてとても綺麗。

黄梅院

黄梅院

円覚寺の塔頭の一つ「黄梅院」。ここには中国から渡来したといわれる千手観音様が観音堂に祀られています。

円覚寺・関連記事/関連スポット

鎌倉の紅葉ランキング

「鎌倉の紅葉」名所と見頃

鎌倉の紅葉、名所と見頃。地域別ランキングでご紹介します。

如意庵・安寧

如意庵・安寧

円覚寺、如意庵内にある心休まるお寺カフェ。雰囲気も、心遣いも「お寺ならでは」、「鎌倉ならでは」です。

お寺のお茶どころ特集

お寺のお抹茶処特集

鎌倉のお寺では素敵なお庭を眺めながらお抹茶をいただけるお茶所がございます。自然と背筋が伸びてきますよ。

梅

鎌倉・梅の名所見どころ徹底案内

鎌倉中から選りすぐりの梅の名所をご紹介します。侘び寂びな梅、華やかな梅…、鎌倉で梅花見を満喫してください。

甘縄神明社

甘縄神明社

創建710年の鎌倉最古の神社。鎌倉幕府の名執権北条時宗公が産湯につかったといわれる井戸があります。

2016年梅開花状況レポート

2016年 鎌倉・梅の名所開花状況

初詣が一段落して少し寂しくなった鎌倉が活気を帯びてくるのが「梅」の季節。現在の開花状況をご案内します。

鎌倉紫陽花速報

2017年・鎌倉の紫陽花開花速報

今年もやってきました。待ちに待った紫陽花の季節。2017年、鎌倉の紫陽花、現在の開花状況をレポートします。

鎌倉三十三観音・御朱印巡り

御朱印で巡る、鎌倉三十三観音

御朱印をいただきながら33の観音様を巡る旅。鎌倉三十三観音霊場巡り。海蔵寺は第26番札所。お寺一覧リスト付き。

(画像)靴を脱いでお堂に上がれるお寺特集

「靴を脱いで」お堂に上がれるお寺

鎌倉にある「靴を脱いで」お堂に上がれるお寺をご紹介。畳の上で感じるお寺の良さ、全力でお伝えします。本堂や方丈、茶室まで。