円応寺

  • 円応寺石碑
  • 円応寺山門
  • 円応寺山門2
  • 円応寺の鎌倉十三佛御朱印

円応寺

笑い閻魔と地獄の番人御一行

北鎌倉の巨福呂坂(小袋坂・こぶくろざか)手前にある小さな寺院、円応寺。十王信仰に基づいて地獄の番人たちを祀っている珍しいお寺です。大寺院・建長寺の横に小さく佇む様子は目立たず、地味な印象を受けますが、中に入ると驚かされます。中世一有名であろう仏師・運慶作の迫力の閻魔大王御一行が待っています。仏教では、人は死後、地獄の番人たちから7日ごとに生前の行いについて取り調べを受けるのだそう。その結果を受けて、どこに生まれ変わるかを決定するのだといいます。

生きているものは、いつか必ず「死」が訪れます。その「死」への恐怖を緩和して「安心」を得て暮らして行くために、人々は昔から様々な工夫をしてきている…そんなことが垣間見れる円応寺です。

1703年の元禄大地震による大津波で現在の位置に移っていますが、創建当初は材木座のあたりに建立されていました。現在の円応寺がある場所は、当時は建長寺の塔頭があった場所だとされています。

 

名称 円応寺(新居山円応寺)
宗派 臨済宗建長寺派
所在地 〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内1543
アクセス JR横須賀線北鎌倉駅徒歩17分
拝観時間 9:00〜16:00 (冬期は9:00〜15:00)
休日
拝観料 200円
TEL
URL
駐車場 なし
駐輪場 なし
撮影 境内撮影可。堂内撮影禁止
ペット ペット同伴の参拝はご遠慮ください

円応寺 関連記事 / 関連スポット

鎌倉十三佛巡り

御朱印で巡る、鎌倉十三佛

亡き人を思い、追善供養のために御朱印をいただきながらの十三佛を巡る旅。円応寺は第5番札所。お寺一覧リスト付き。