鎌倉宮

  • 鎌倉宮の白い鳥居
  • 鎌倉宮鳥居
  • 鎌倉宮本殿
  • 護良親王が幽閉された土牢
  • 紫陽花と鳥居
  • 鎌倉宮と厄割り石
  • 鎌倉宮の紫陽花
  • 鎌倉宮の御構廟

鎌倉宮

武家VS皇族。重なる二つの時代の想い。

鶴岡八幡宮の東側、お宮通りと呼ばれる通りは「鎌倉宮」の参道。この神社は明治天皇が設立した格式高い神社なのです。桜や藤、紫陽花といった季節の花が楽しめ、紅葉の時季も色付く木々が訪れる人を魅了します。「大塔宮(おおとうのみや)」とも呼ばれ、地域で親しまれています。

ご祭神の護良親王(もりながしんのう)は、後醍醐天皇の皇子でした。鎌倉幕府倒幕運動のときに活躍し、一時は征夷大将軍となりました。しかし、すぐに足利尊氏にその座を追われ、東光寺に幽閉されたのち28歳の若さで暗殺されてしまいました。「武士」VS「皇族」の構図が、江戸時代から明治時代への移り変わりに似ている…ということから、明治天皇が遥かに想いを馳せられ、護良親王が亡くなった東光寺の跡地である場所に鎌倉宮を創建しました。護良親王が幽閉されていたのが、現在も境内の奥にある「土牢(つちろう)」といわれています。

鎌倉宮をお参りすると、真っ赤な迫力のある獅子頭守(ししがしらまもり)がお出迎え。これもまた、護良親王を守ったとされる由縁から創建当初から祀られているもので、悪いものを食べて幸せを招く護守として授与されています。

名称 鎌倉宮
所在地 〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂154
アクセス 徒歩:JR横須賀線鎌倉駅徒歩25分
バス:JR鎌倉駅東口より京急バス「大塔宮」行「大塔宮」下車すぐ
拝観時間 2月〜11月 9:30〜16:30(入場は16:00まで)
12月、1月 9:30〜16:00(入場は15:30まで)
休日 無休
拝観料 中・高・大人300円 小学生 150円 (団体割引あり)
TEL 0467-22-0318
URL http://www.kamakuraguu.jp
駐車場 あり。有料(1時間¥430。以降30分毎¥210)。
駐輪場 あり。無料。
撮影 撮影許可、撮影料が必要です
ペット 境内はOK。有料の場所も抱っこできれば可。