安国論寺

  • 安国論寺山門
  • 安国論寺山門2
  • 安国論寺境内1
  • 安国論寺境内2
  • 安国論寺境内3
  • 安国論寺境内4
  • 安国論寺境内5
  • 安国論寺境内6
  • 安国論寺境内7
  • 安国論寺境内8
  • 安国論寺境内9
  • 安国論寺境内10
  • 安国論寺境内11
  • 安国論寺の花1
  • 安国論寺の花2
  • 安国論寺の花3
  • 安国論寺の花4
  • 安国論寺の花5

安国論寺

立正安国論が執筆された、日蓮ゆかりのお寺。

大町の住宅街の先に、緑に包まれた静かな寺院・安国論寺があります。ここは松葉ガ谷(まつばがやつ)と呼ばれる地域。寺名から推測されるように、安国論寺は日蓮が「立正安国論」を執筆した場所だといわれています。この頃の鎌倉は、天災や疫病が立て続けに起こり、日蓮は自分の説いている法華経に帰依すればそれが収まる…と、当時の最高権力者・北条時頼に「立正安国論」を提出。しかし、ここから四度の法難(危険な宗教者だとして日蓮は4回も流罪になったり草庵を焼き討ちされたりしている)が日蓮を待ち受けていたのでした。

安国論寺の本堂へ続く参道は緑に溢れ、木漏れ日がとても気持ち良いです。観光客は少なめで、どの時期も落ち着いて境内散策を楽しめます。季節の花も綺麗で、桜をはじめ、カイドウ、サザンカ、ツツジやサツキ、紫陽花も楽しむことが出来る隠れた花の寺ともいえるでしょう。本堂前の仏足石の周りや、立派な石塔のまわりも花の見どころスポットとなっています。

余裕があったら行ってみたいのが、富士山が見える展望台へと続く境内にある散策路。かつて日蓮は毎日その道を通り、法華経を唱えていたといいます。急な階段を登っていく散策路は距離は無いもののかなり足場の悪いところなのでご注意を。

日蓮の高弟であった日朗の荼毘所の奥には多くの紫陽花が咲くスポットがあります。そしてその奥に、日蓮が1回目の法難で草庵を焼き討ちにされたあと、白い猿に導かれて避難した…と伝わる「南面窟」という洞窟があります。こちらも散策路同様に足場が良くないため、歩きやすい靴がおすすめです。

名称 妙法蓮華山安国論寺
宗派 日蓮宗
所在地 〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町4-4-18
アクセス 徒歩:鎌倉駅より徒歩15分。
バス:鎌倉駅東口から鎌30・鎌31「逗子」「緑ヶ丘入り口」行きでバス停「名越」下車。案内板が出てますのでわかりやすいです。
拝観時間 9:00 - 17:00
休日 月曜日は閉門
拝観料 100円
TEL 0467-22-4825
URL
駐車場 なし
駐輪場 なし
撮影 撮影自由
ペット

安国論寺・関連記事/関連スポット

鎌倉の紅葉ランキング

「鎌倉の紅葉」名所と見頃

鎌倉の紅葉、名所と見頃。地域別ランキングでご紹介します。

鎌倉、紫陽花の名所

鎌倉・紫陽花の名所見どころ徹底案内

鎌倉中から選りすぐりの紫陽花の名所をご紹介します。明月院や長谷寺などの有名スポットから穴場スポットまで。