長谷寺山門

  • 長谷寺
  • 長谷寺山門2
  • 長谷寺山門3
  • 長谷寺観音堂
  • 長谷寺山門と着物の女性
  • 長谷寺境内に佇む着物の女性
  • 紫陽花と経蔵
  • 紫陽花と由比ヶ浜
  • 長谷寺の紫陽花1
  • 紫陽花2
  • 紫陽花3
  • 長谷寺の紫陽花4
  • 紅葉ライトアップ
  • 紅葉全景
  • 紅葉ライトアップ2
  • 長谷寺の雪景色
  • 長谷寺本堂雪化粧
  • お庭と雪化粧
  • 長谷寺の雪化粧
  • 長谷寺手水鉢と梅
  • 手水鉢と梅
  • 長谷寺の雪化粧
  • 長谷寺庭園と梅
  • 赤い傘が映える境内
  • 長谷寺庭園全景と梅
  • 長谷寺山門
  • 長谷寺ライトアップ「長谷の灯り」

長谷寺

日本最大級の木造十一面観音

鎌倉の人気寺院に必ずランクインしてくる長谷寺は、紫陽花をはじめとする花々で季節ごとに彩られる「花の寺」としても知られます。高低差を活かした境内はバラエティに富んでいて、訪れる人々を飽きさせません。

 

境内入ってすぐの場所では美しい池と庭園、奥にはアドベンチャー気分も味わえる弁天窟。木々の下をくぐりながら上へと向かう参道には可愛らしいお地蔵さまがいらしたり、千体地蔵尊が祀られていたり。境内の上部にはメインとなる十一面観音さまが祀られた本堂があり、さらに上部には「紫陽花の散策路」と呼ばれる展望の良い小道が続きます。展望台前でお団子を頂いて一服するのも長谷寺の醍醐味です。そんな大満足の長谷寺なのですが、Uniquely鎌倉的におすすめなのは、やはりご本尊の十一面観音さまです。

 

高さ約9メートル、日本最大級といわれる木造の観音様は仏像に詳しくない人でも、お会いすれば必ず何かを感じ取ってもらえるはずです。存在感と迫力は鎌倉の仏像一といっても過言ではないでしょう。心を静かに正してくれる不思議な力がありますよ。言い伝えによれば721年に奈良で一本の霊木から2体の十一面観音が彫られました。一体は奈良にある大和長谷寺に祀られ、もう一体は遠くの地で人々を救済するようにと願いを込めて海に流されたといいます。その観音さまが鎌倉に流れ着き、長谷寺のご本尊となったといわれています。

 

 

 

名称 長谷寺( 海光山 慈照院 長谷寺)
宗派 浄土宗系
所在地 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
アクセス 徒歩:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩4分
バス:鎌倉駅西口より京急バス「梶原行」「大船行」等、江ノ電バス「藤沢行」「桔梗山行」等乗車、「長谷観音」下車徒歩4分
拝観時間 3〜9月 8:00〜17:30(入山は17:00まで)
10〜2月 8:00〜17:00(入山は16:30まで)
休日 _
拝観料 大人300円 / 小人100円 30名以上の団体割引あり
TEL 0467-22-0777
URL http://www.hasedera.jp
駐車場 あり(近隣にコインパーキングもあります)
駐輪場 あり
撮影 撮影OK / 三脚禁止
ペット 原則禁止。やむを得ない場合はキャリーケース等に入れて他の参拝者に配慮のこと

長谷寺 関連記事/関連スポット

鎌倉、紫陽花の名所

鎌倉・紫陽花の名所見どころ徹底案内

鎌倉中から選りすぐりの紫陽花の名所をご紹介します。明月院や長谷寺などの有名スポットから穴場スポットまで。

梅

鎌倉・梅の名所見どころ徹底案内

鎌倉中から選りすぐりの梅の名所をご紹介します。侘び寂びな梅、華やかな梅…、鎌倉で梅花見を満喫してください。

鎌倉・朝特集

鎌倉で朝食、朝カフェ、朝時間。

朝の鎌倉はよりゆっくりと時間が流れています。人とは違った「鎌倉」を楽しんでみるのはいかがですか?

古都鎌倉。着物とお寺特集

古都鎌倉。着物が似合うお寺特集

歴史の町、古都鎌倉を背筋を伸ばして着物で散策してみませんか?着物のレンタル屋さんも紹介します。

鎌倉三十三観音・御朱印巡り

御朱印で巡る、鎌倉三十三観音

御朱印をいただきながら33の観音様を巡る旅。鎌倉三十三観音霊場巡り。長谷寺は第4番札所。お寺一覧リスト付き。

鎌倉、紫陽花開花レポート

2016年 鎌倉・紫陽花の開花状況レポート

新緑の季節も過ぎて緑が濃くなるとやがて紫陽花の季節。咲き始めからシーズン終了までレポートいたします。

瑞泉寺と梅林

2016年 鎌倉・梅の名所開花状況

初詣が一段落して少し寂しくなった鎌倉が活気を帯びてくるのが「梅」の季節。現在の開花状況をご案内します。

2015紅葉ダイジェスト

2015年紅葉ダイジェスト

2015年もとっても綺麗な紅葉が鎌倉を彩ってくれました。2015年の紅葉を振り返ってみましょう。