鎌倉の大仏さま

  • 鎌倉の大仏さまと芙蓉(フヨウ)
  • 鎌倉の大仏さま2
  • 鎌倉の大仏さまとスイカ
  • 大仏さま保存修繕へ
  • 大仏さま修繕中
  • 鎌倉大仏さまのライトアップ「長谷の灯り」
  • 観月堂

鎌倉大仏殿高徳院

高徳院と聞いても分からない人がほとんどなのですが、国宝の鎌倉大仏さまがいらっしゃるお寺です。奈良の大仏さまと比べると背丈も小さくインパクトに欠けるなんて声も聞いた事がありますが、鎌倉大仏さまがすごいと言われる由縁は当時とほぼ変わらないそのままの姿でこの地に座り続けているからなのです。とはいっても、定期的に補修・保全工事がなされてきたからこそ今のお姿があるわけです。一番最近では、2016年の1月から約3ヶ月かけて全面保存修理工事がなされました。これは約50年ぶりの修理でした。

 

1252年(建長4年)に大仏さまの創立がはじまったという記録が残っており、当時は大仏殿に納められていたとされています。室町時代の地震と津波によって大仏殿が倒壊して以来700年もの間、外に座り続けてこの地を見守ってくれているのです。日本人の良いところ悪いところ、全て見てきた大仏さま。この先も何百年と人々を見守っていってくれることでしょう。

 

いつお目にかかっても、修学旅行生や海外旅行客で大賑わいの大仏さま。季節ごとの花々との姿も見どころの一つです。鎌倉を巡る上で一度は必ずお会いして頂きたい鎌倉大仏さまです。

 

名称 鎌倉大仏殿高徳院(大異山高徳院清浄泉寺)
宗派 浄土宗
所在地 〒248-0016 鎌倉市長谷4-2-28
アクセス 徒歩:江ノ島電鉄長谷駅より徒歩8分
バス:鎌倉駅西口より京急バス「梶原行」「大船行」、江ノ電バス「藤沢行」「桔梗山行」乗車、「大仏前」下車徒歩1分
拝観時間 4〜9月 8:00〜17:30
10〜3月 8:00〜17:00
大仏胎内拝観時間 8:00〜16:30
休日 _
拝観料 大人、中高生200円 / 小人150円 30名以上の団体割引あり
別途大仏胎内20円
TEL 0467-22-0703
URL http://www.kotoku-in.jp
駐車場 近隣にコインパーキングあり 観光バスも駐車可能
駐輪場 あり
撮影 撮影OK / 三脚禁止
ペット キャリーケースに入れての同伴のみOK
▼ 詳細を見る ▼

高徳院(鎌倉の大仏さま)詳細情報

御本尊 国宝・銅造阿弥陀如来坐像

鎌倉の大仏さま

鎌倉大仏さまの説明がはいります。

観月堂 鎌倉三十三観音第23番札所

観月堂

高徳院のホームページによれば、15世紀中頃に漢陽(現ソウル)王宮内で建てられたと伝えられているもので、これを所持していた日本の資産家より譲り受けたものだといいます。大陸然とした朗らかさが感じられます。この観月堂に、観音様が祀られていて、鎌倉三十三観音霊場、第23番札所に指定されています。

礎石

礎石

大仏さまはかつて、大仏殿なる建物の中にいらっしゃいました。その建物の礎となっていたのがこの礎石です。

万灯会

鎌倉の大仏さま

東日本大震災で犠牲となった方たちの魂を鎮めるための「万灯会」。いつくもの灯が灯り、お坊さんたちの「般若心経」が厳かに境内に響きます。

蓮弁

蓮弁

ハスの花の花弁です。どうらやお金が足りなくて完成には至らなかったようです。

「こころの安らぎ」 穏やかな大仏様の慈顔

鎌倉の大仏さま

1890年に来日しその直後に鎌倉を訪れたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、後日その時に見た大仏様の印象を「日本人の微笑」にこう書いています。
(以下引用)「深く、静かにたたえられた水のように穏やか」といわれる大仏様の慈顔に、込められているものは、かつて人の手が作り出した、他のどんなものにも比べることのできない「こころの安らぎこそ、最高の幸福である」(法句経)という、永遠の心理であろう。